「えがおつなげて募金」

特定非営利活動法人えがおつなげてが運営する、東日本大震災被災者支援「えがおつなげて募金」です。ご協力をお願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボランティア募集:相馬市での女子会のお手伝い

2011-05-18 10:39:34 | 支援活動

皆様へ
 NPO生活工房つばさ・游・高橋です。

相馬の大石さんから、かねてから企画されていました

「おひさまカフェ女子会」(5月24日〜28日)のご案内が届きました。
 

5月26日(木)、27日、(金)28日(土)にお手伝いしてくださる方を募集いたします。

(23日〜25日は千葉県鴨川からのグループがお手伝いにきてくださるそうです)。

可能な方は、私・高橋までメール頂ければ幸いです。
ogawamap@tubasa-u.com
よろしくお願いいたします。

以下、大石さんのブログからの掲載です。
http://madeilife.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「おひさまカフェ」+「awanova in相馬」オープンのお知らせ 
  
 避難所の女性のみなさん たまには、息抜きしませんか? 
    
 くつろげる場所と、お茶と甘いお菓子をご用意しました。
 ハンドマッサージもあります。

 これまでのこと、これからのこと、自分のこと、街のこと、
    ・・・・・・いろんな思いをおしゃべりしませんか?

 今回は鴨川市大山支援村の移動カフェ「awanova」(あわのば)さんが

 出張協力して下さいます。「おひさまプロジェクト」と一緒にお待ちしております。      


  5月24日(火)          ・時 間 : 12:00(お昼)〜16:00(午後4時)
    25日(水)   ・参加費:  無料
    26日(木)   ・場 所 :  「 割烹まる九」
    27日(金)         相馬市中村字北町80 「相馬市役所前」
    28日(土)         0244−36−3309
                   http://somamarukyu.web.fc2.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相馬市大石さんが、「アース・デー」で災害地報告を行いました。

2011-05-18 10:19:36 | 支援活動

4月23日(土)代々木公園で行われた「アース・デー」で、災害地からの報告ということで相馬市の大石さんがお話しをされました。大石さんのブログからその時の報告を掲載させていただきます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 当初、現地のお話をして頂こうと飯舘村と南相馬市から3名の方の参加を

お願いしておりましたが飯舘村が「計画的避難地区」として発表されてしまい、

村中が騒然となってしまい村を離れられる状況ではなくなってしまいました。

そこで皆さんと相談をして、皆さんの思いをメモで頂きそれを私が

お伝えするということにしました。

 

 飯舘村の16代目になる農業後継者がまとめて下さいました。

 ・「計画避難」という言葉が先に出てしまい何の方策も出さないので村民は

   ひどく落ち込む人、ピリピリする人、村は緊張状態にある。

 ・国の情報の出し方は疑問! 水の問題、土壌の問題は村に連絡がないまま

  メディアから出る、村民は役場をたたく、役場は対応におわれる。

  もっと国と役場は連携してゆくべき。

  また、IAEA、厚生労働省の出した天栄村の牛肉、肉から放射能問題、

  どちらも再検査したら問題がなかった。これらは誰のための情報なのか? 

  本当は原発に近い住民に正確な情報を出すための数字なのに!

  情報の垂れ流しこそ責任を求められるべきだ。

 ・村には多くの牛、家畜がいる。人間が避難するためには農家への補償が急務。

   対応を早くして欲しい。牛はパートーなーであるし、財産でもある。

・国は継続的な土壌検査を行わない方針、なぜしないのか? 帰村や将来営農に

   向けての見通しをつける大切な情報だ!

・これから国と東電との戦い(交渉)になる。弁護してくださる方募集してます。

・飯舘村のホームページから義捐金を募集していますのでよろしくお願いします。

 http://www.vill.iitate.fukushima.jp/news_item.2011-03-16.6166347824/view

    このメモをもとにお話ししてきました。

 

「アース・デー」のきっかけは前立教大学大学院准教授の佐野淳也先生のチームが

現地視察にいらした時あまりの凄さに思いをあらたにされたようで。

 「長期的な支援の他に近々でできることはないでしょうか?」という、

 話し合いの中で出た事でした。


 「アース・デー」では終了後たくさんの方々とお話ができました。

みなさん、現地のお話を聞ける機会がないということで、

 いろいろな質問を頂いたり、私が感じていることなどお話ししました。


  今回の上京で私自身はやはり現地の現実と、都会との温度差を感じました。

   今までも都市との温度差は感じていたので、今度のこの災害が温度差を

縮めてくれたらと思ったりしています。

 よい場を頂いた佐野先生に感謝です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

塩トマトツアー募集のお知らせ

2011-05-18 10:12:19 | 支援活動

皆様
農商工連携サポートセンターの大塚です。

「塩トマト」って聞いたことがありますか?熊本県で海水に浸水した
畑でトマトを育てたところ小さいけれど味が濃いトマトができたのです。
けっこう人気商品になっています。海水の塩分は3.5%、塩トマトが
できる塩分濃度も同じく約3%で、トマトは比較的塩分に強いのですね。

東日本大震災の津波によって海水が入ってしまった畑に塩トマトを
植えに行きませんか?

宮城県岩沼市(仙台空港の南)では、市域の実に48%にあたる水田、
畑地が塩害を受けました。この季節には早苗が揺れる美しい田園が、
今は作付もできず、荒涼とした茶褐色の風景が広がっています。岩沼市で
代々農業を営んでこられた飯塚悦男様の田畑も大きな被害を受けました。
今回、飯塚様のご厚意により、塩トマトを植える試みに畑を使わせていただ
けることになりました。

うまく行けばこの夏、津波でやられた畑でおいしいトマトが収穫できます。
小さな赤いトマトから、いのちの煌めきを取り戻そうとする試みです。
皆様、震災復興に向けたちいさな一歩にご参加いただけますか?

【実施日】2011年6月4日(土)
【参加費】4000円(昼食代、保険料含む。)
  JR岩沼駅までの交通費は含まれていません。各自ご負担ください。
  (新幹線自由席を使って往復20,780円です。)
【募集人数】30名(最低催行人員 20人)
【集合場所】JR岩沼駅改札出口(常磐線、東北本線)に当日10:45
【主催】NPO法人農商工連携サポートセンター/株式会社マイファーム/
    岩沼ロータリークラブ/東京大学GCOE/共催
【協力】飯塚悦男様/大阪住吉ロータリークラブ

詳細とお申し込みはこちらから↓
http://blog.canpan.info/noshokorenkei/archive/49

大塚洋一郎
**********************************************
NPO法人 農商工連携サポートセンター
代表理事 大塚洋一郎
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3−21
ちよだプラットフォームスクウェア 1207
Tel.: 090-1106-0182
Fax: 03-5259-8097(FAX番号変わりました)
E−mail: 
otsuka@npo-noshokorenkei.jp
http://www.npo-noshokorenkei.jp/
***********************************************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べて直接応援のご案内です

2011-05-10 01:48:17 | 東日本大震災・えがお募金

 

皆様
えがおの学校、1期・2期北杜卒の豊田有希です。
 
食べて直接応援・福島応援会津坂下便・5月号のご案内です。
福島で頑張る仲間のちょっとでも助けになれば、とおいしい応援を企画しました。
(本当にとってもおいしいです)
今回はツーリズムリレー会津(コメロンさん代表)にアレンジして頂いた
宅配セット!限定50セットです。旬のアスパラが目玉です♪
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★「わかくさ」「あかね」「やまぶき」の3コースをお届けします
  2,500円、3,800円、5,100円(送料込)
★お申込期間:5月16日(月)-5月23日(月)
★配送05月25(水)もしくは5月28日(土)発送

 

★購入額の一部を震災と風評被害の支援金へ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


申し込みやどんなものが入っているのかは、ブログをみてくださいね^^

 
田んぼできずなづくり 豊田 有希

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島県飯舘村の新刊書『までいの力』

2011-04-22 10:04:19 | 東日本大震災・えがお募金

えがおの学校0期生の帰山さんより届いた、福島県飯舘村の新刊書のお知らせを掲載

させていただきます。

飯舘村は、えがおの学校卒業生の大石さんやよしきさんのフィールドでもあります。

----------------------------------------------------------------------------

皆さまへ

福島県飯舘村の新刊書『までいの力』のおすすめ

福島県飯舘村。
この村は飯舘牛をはじめとした畜産と農業をベースにした村です。
どぶろくや凍み餅をこしらえる農家レストランがあり、間伐材のチップボイラーを
村の施設に導入するなど、原発依存とはまったく対極の村づくりをすすめてきまし
た。

食とエネルギーの自給力の高いこの村は3月11日の大震災にも揺るがず、当初は
沿岸部の被災者を受け入れていたのですが、福島第一原発の事故による放射能汚
染によって、計画的避難区域に指定され、いま、村の人たちは家畜とともに村を
離れるかどうかの瀬戸際に立たされています。

ちょうどそんな折も折、飯舘村の村づくりをまとめた『までいの力』が発行され
ました。
「までい」とは土地の言葉で「丁寧な」「手間ひまかけた」というような意味。
菅野典雄村長の肝いりで、飯舘の村づくりのモットーになっています。
この本には原発事故が起こる以前の村の姿と村の人たちの思いが描かれています。


農文協の直営書店農業書センターで取り扱っておりますので、ぜひお申込みくだ
さい。
なお、この本の販売収益は飯舘村復興のために役立てられます。

●『までいの力』 2011年4月11日発行 A4変型判オールカラー120頁 SEED出版刊
●定価2500円(税込)

●お申込みはこちらまで
通販:田舎の本屋さん
http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=05_90441809/

店舗:農文協農業書センター
http://www.ruralnet.or.jp/avcenter/


以下、飯舘村総務課企画係長 藤井一彦さんからのメッセージです。

*************************************************************
各位


飯舘村の藤井です。BCCで失礼します。


今回の原発事故の件では、多くの皆様からご支援、応援メッセージ、
義援金、支援物資などなどをいただき、感謝申し上げます。

また、同じく被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。


この度、飯舘村の近年の様々な地域づくりの取り組みを紹介した本
「までいの力」がシーズ出版から刊行されました。

今のところ、アマゾンで購入できます。

震災前の飯舘村の頑張りや笑顔がいっぱい詰まった本です。

しかし、こんな事態になってしまい。この本のページをめくる度、
この豊かで、平穏な日々はいつになったら取り戻せるのかとの思いが
こみ上げてきて、涙腺が壊れ、じっくり本を読むことが出来ません。

村の支援にもなりますので、是非お買い上げいただきたいと思います。


飯舘村の近況をお知らせします。

4/11、飯舘村は、計画停電ではなく、計画的避難区域になりました。
まだ、補償や避難など問題がはっきりしないため、村としてはまだOKして
いません。

4/12には、村内の商店や企業、農協、商工会などとの会議がありましたが
「このままでは、廃業するしかない」「村の企業は人と人のつながりで
やっている。人がばらばらになったら仕事にならない」など厳しい意見
が飛び交いました。

また、この日、稲作だけでなく、ほかの様々な農作物についても作付けを
行わない決定をしました。

その理由は、稲作さえ出来ない飯舘村で育った農作物を市場に出してし
まっては、消費者に混乱が生じてしまうのではないか。という安全安心の
作物を作ってきた農民の誠意から決めたとのことです。例え数値的に安全
が確認されていても、です。

昨日(4/13)から、全ての行政区(自治会・町内会)を回る座談会を
おこなっています。住民の皆さんから、避難に関する不安や課題、補償に
関することなどを直接お聞きするためです。

住民の皆さんからは、健康に関する不安、避難先がどこになるのか、いつに
なるのか、農業が出来なくなることや企業の倒産による生活費のこと、牛の
世話、いつ帰ってこれるのか見通しがないことへの不安、土壌改良できるのか、
東電や国への批判など、沢山の質問や意見などが語られました。

この意見をまとめ、国や東電へぶつけて交渉していくことになります。

国や東電の責任者は、この座談会に出席し、飯舘村に住む住民の思いを悔しさ、
怒り、不安などを直接聴くべきだと強く思います。対策は、現場で考えるべき
です。

また、飯舘村は大地が汚染され、稲作ができなくなってしまいました。
日本は米が貨幣であり、税金であり、豊かさの尺度です。稲作は文化であり、
稲ワラは様々な加工品の材料です。

米を作れないということは、日本人を辞めろと言われているような気が
します。今年、飯舘に春は来ないのでしょうか。

村民は不安でいっぱいです。自治体として何をすべきか、存在意義自体を
問われている気がします。

それでも、前に進むしかありません。必死になって頑張っていますので
応援よろしくお願いいたします。長期戦を覚悟しています。

引き続き、義援金のご協力をお願いいたします。住民の皆さんの避難の支度
や当座の生活資金に使わせていただく予定です。

●村のホーページ http://www.vill.iitate.fukushima.jp/で、 義援金を
お願いしています。

「飯舘村では義援金を受け付けています。
 そうま農業協同組合 飯舘総合支店 普通1487767 飯舘村(いいたてむら)ま
で」

是非、知人・友人・職場・縁故関係など皆さんにお知らせください。支援の輪を広げ
ていただければ嬉しいです。

それでは、また。



■□□ 福島県相馬郡飯舘村総務課企画係長
■□□ 藤井一彦 Fujii,kazuhiko
■□□ Tel 0244-42-1613 Fax 0244-42-1601
■□□ k-fujii@vill.iitate.fukushima.jp
■□□ http://www.vill.iitate.fukushima.jp/

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

相馬市の大石さんより感謝のメールが届きました!

2011-04-17 18:05:21 | 東日本大震災・えがお募金

 

南相馬で頑張っておられる大石さんからメールが届きましたので、転載させていただきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
募金を頂いた皆様、曽根原さん、えがおつなげての皆様、
この度は支援金ほんとうにありがとうございます。
 
今週は飯舘村が大変なことになってしまい、村の人を訪ねていたり、津波でやられた自分の店(以前直売所をやっていた所)の整備をしたり、銀行がものすごく混んでいて確認に行きましたが並んでいる途中で来客が来てしまい確認が取れず、昨日やっと入金を確認させていただきました。
 
通帳を見ながら皆の顔が浮かんできて、そしたら何だか涙があふれて・・・動けなくなってました。
人がいっぱいいるところで泣いてたので銀行の人が寄って来て気づいたら、皆が見てました。
 
でも、やっぱり涙がでて・・・

いろいろご支援ありがとうございます。
 
今週は原発がレベル7になり、飯舘村の計画退避もとてもショックで落ち込んでました。
菅野村長の顔が変わってしまい、当日の飯舘村は国内外の報道関係が朝から役場に押し寄せ、まるでテロリストでも来たかのようでした。
 
村人の反応はもちろん様々です。発表を聞いて直ぐ村を出た人もいます。
多くは子どもや孫、妊婦さんは早くから避難させていますが、年配者は残っています。
 
地震、津波の被害も甚大ですが原発はこの地域の存亡がかかています。
 
当初から籠城を決めた私たちの地域は今にぎわっています。
10キロ、20キロ圏内は立ち入り禁止、30キロ圏内の南相馬市は市長命で避難となり、企業やスパーの撤退、病院、郵便局、銀行の閉鎖など大手の殆どが機能していません。
それでも最近は避難から戻ってきた個人商店は開きだしましたが大手がそんな状況で皆私たち相馬市に集まってきます。
 
ライフラインが戻って、家が何とか残った人は避難所から退所しましたが、家をなくした人や立ち入り禁止区の人たちは避難所で生活しています。
 
毎日、こんなことしなくちゃ、あんなこともしなくちゃ、と課題は次々出てきますが全てやれるわけもなく、原発の様子をみながら毎日を過ごしています。
 
今、女子会の計画が少しづつ進んでいます。
避難所にいる女性を対象にお茶会をしようと思いたち、声をかけていたら一緒にやりたいという人が現れましたので計画中です。これが最初の事業になりそうです。
 
せっかく集めて頂いた募金です。
何にどう使ったらいいのか少し考えます。
皆さんのお気持ちが伝わるように使いたい、そう思っています。
 
末筆になりましたが皆さん
ほんとうにありがとうございました。
心より感謝申し上げあげます。
 
長期戦です。
かけがえのない一日を大切にしたいと思っています。
 
                          大石ゆい子拝

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西会津ローカルフレンズから写真が届きました

2011-04-17 17:55:20 | 東日本大震災・えがお募金

本ブログでもお伝えしましたが、西会津ローカルフレンズのみなさんがボランティアで相馬市と南相馬市へ行かれた時の写真が届きましたので掲載させていただきます。

(※アップロードの関係で一部画像の色調が乱れておりますが、ご容赦下さい)

 

尚、今回のボランティアに関する詳細は西会津ローカルフレンズのブログにも近々にアップされる予定です。

詳細は西会津ローカルフレンズのHPをご覧下さい。


ローカルフレンズ代表三瓶さん宅にて、支援物資を仕分けして出発準備


相馬市に到着。新鮮な野菜が手に入りづらいということでキャベツを大石さんを托しました


大石さんを囲んで


南相馬に到着。救援物資を荷下ろし


南相馬市の支援物資は、こんなに集まっていました


支援物資の仕分けを数時間、ボランティア


津波の脅威は、想像していた以上でした


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えがおつなげて代表曽根原氏からの途中報告

2011-04-16 18:39:11 | 東日本大震災・えがお募金

NPO法人えがおつなげて代表の曽根原氏より以下の途中報告がございましたので、転載致します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


▼『えがおつなげて募金』を届けました!

――――――――――――――――――――――――――――――

皆さま、『えがおつなげて募金』にご協力をいただき誠にありがとうございます。4月15日現在、募金合計金額は1,543,349円となりました。そして、皆さまから集まった温かいお気持ちは、被災地へ届けられつつあります。

福島県相馬市で、自ら被災しながらも他の被災者の方々の支援活動に走り回っておられる、えがおの学校2期生の大石ゆい子さんには、3月に支援物資をお届けしたのに続き、現地での支援活動に使っていただくよう、4月8日に現金100万円をお送りいたしました。

また、えがおの学校福島西会津校1期生の三瓶たかさんが代表を務める、NPO西会津ローカルフレンズさんは、南相馬市の桜井市長が世界に向けてSOSメッセージを出されたことを受け、救援物資を持ってボランティアに行くことを決め、支援物資送付の呼びかけを行いました。

この呼びかけを受け、『えがおつなげて募金』を活用して、レトルト食品、カップラーメン、お菓子等の食料品と軍手を購入し、4月8日にNPO西会津ローカルフレンズさんにお送りいたしました。

NPO西会津ローカルフレンズさんに託した支援物資は、無事14日に相馬市の大石さん、そして南相馬市の皆さんに届けられたとのことです。(※編者注:前回の当ブログの記事です)

皆様からお預かりしたお気持ちを、今後も被災地での活動の支援につなげていきますので、引き続き『えがおつなげて募金』へのご協力をよろしくお願いします!

 

特定非営利活動法人えがおつなげて(内閣府認証)

代表 曽根原久司

オフィシャルサイト
http://www.npo-egao.net/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西会津ローカルフレンズ、相馬市と南相馬市へ

2011-04-15 18:27:54 | 東日本大震災・えがお募金

皆様へ

昨日3月14日、朝6時に出発し、相馬市の大石さんそして南相馬市の皆さんへ、お預かりした支援物資を届けてまいりました。

桜も咲き始め、季節は変わらずに今年も巡って来ました。
そんな中を、支援物資をワゴン車2台に乗せて運んで行くなんて、信じられない思いで懸命に車を走らせました。
所々で道路の路肩が下がり、カラーコーンで走行車線が仕切られていました。
午前11時近くに、相馬市の大石さんと会い、キャベツ・ほうれん草・夏ミカン・お菓子などを中心に支援物資をお渡ししました。

南相馬に向う6号線沿いにもボートや漁船が田んぼの中に、横を向いたり裏返ったりして多数見られました。
南相馬には現在も1000人程の方が3か所に分かれて避難されているそうです。
小川町の体育館に物資を届けてから、少しの時間でしたが物資の仕分けのボランティアをしてきました。

写真も少し撮って来ましたので、できるだけ早くご報告したいと思います。

皆さんのお陰で被災者の方々に喜んで頂けた事を、
とり急ぎ、お知らせさせて頂きました。
ありがとうございました。

NPO西会津ローカルフレンズ 三瓶 たか

***********************************************

えがおつなげて募金の振込先等の詳細は下記のバナーから飛べます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相馬市の老人健康保険施設「森の都」

2011-04-14 13:00:10 | 相馬市の状況です

河北新報記者のブログに、こちらのHPでも支援を呼びかけております相馬市の老人健康保健施設「森の都」の話がレポートされておりました。

 http://flat.kahoku.co.jp/u/blog-seibun/tbGQkeF05H4rEgcqUf9L/

地震後の施設内やスタッフの方々の奮闘のご様子、
83歳というご高齢にも関わらず24時間体制で治療に当たられていた大石さんのお父様や、
重要な役割を担っていらっしゃる大石ゆい子さんの様子が分かります。

ちょうど取材にいらしていた時に到着した、0期生帰山さんや築地本願寺、安穏朝市の方が中心となり相馬市に届けた救援物資の話も出てきます。
こちらの施設には、3月19日山梨より出発した救援物資第一弾や、キノコママの佐藤昭子さんのお粥、
その後の大量の食品を送ってくださった農林中金総合研究所のS常務よりの食品、
本日4月14日到着予定の西会津ローカルフレンズさんが、虹の架け橋プロジェクトさんよりお預かりした夏みかんを届けてくださるなど、色々な方が物資を届けてくださっております。

これらの物資は相馬市の大石さんを通じて、こちらの老人健康保険施設や、市内の病院などに届けられています。
皆様から寄せられた義援金も、こちらの施設や他の病院など現場で「今」不足しているものを補うため、大切に使わせていただく予定となっております。

引き続きのご支援を皆様どうぞよろしくお願いいたします。

***********************************************

えがおつなげて募金の振込先等の詳細は下記のバナーから飛べます

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加