今日の日はさようなら

明日に続くための今日を素敵に

モテ前髪の徹底研究

2014-10-18 | Weblog
モテ前髪をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。

何故なら、ハゲた男性と言うのは、自分からみると親の世代であったり、上司や教師の世代という、ずっと年上の年代というイメージですから、その時点で「対象外」と考える女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)がいてもおかしくないのです。
例えば、ハゲの人と結婚して子どもがハゲたら・・・と考える女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)もいることでしょうね。
そして、その方たちは、むしろ人気(芸能界などは水物なんていいますよね。
一時はそれなりにあっても、いずれなくなっていくことが多いでしょう)が上昇しています。

男性に取って、ハゲというのは、大きな劣等感の一つでしょう。「胸(自分よりも実力やキャリアがある人と仕事をする時に、「借りる」なんてよくいいますよね)なんか服装でどうにでも隠せるじゃないか」「男ですが巨乳好きばかりではない」「背が高い女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)はかっこいいよ」と思いませんか?女性からすると、やはり、同じように考えると思っております。
当り前ですが、「絶対ヤダ」っていう方もいるとされているんです。
かといって、「カツラだってあるじゃない」「ハゲていても結婚(人生の墓場という人もいれね、できてやっと一人前という人もいますね)している人はたくさんいるじゃない」「好きな相手ならそういったこと気にならない」って考えている人が?多くいますよ。
別に、「ハゲなんて絶対ヤダ」って、そんな外見ばかり気にする女性にモテる必要はないじゃないですか。
ハゲを含め、容姿は女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)にモテるための条件の一つに必ず豊富に含まれていることは確かかといって、それが全てではありません。

野菜ジュース 野菜生活
果実飲料・ジュース みかんジュース
硬水 コントレックス(フランス/1468)

脳内メーカー モテ期関連の情報収集

2014-10-17 | Weblog
脳内メーカー モテ期についていろいろ考えてみました。こんな情報があります。
昔も今も、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)は経済力を求める人が多いように見えますねよね。
これは、女性の本能的な欲求である「安心して子育て可能な家庭」の観点からは、ある意味、妥当といえます。
現代では、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)も男性と同じく仕事を持つのが当たり前になってきましたねが、それでも、本能の部分に経済力を求める欲求があったとしても不思議ではないんです。
また、男女雇用機会均等法が施行されてからかなり経ちますが、やはり現実的には、男女の雇用格差や賃金格差は無くなったわけではないので、若い女性の場合、特に男性に経済力を求める傾向も強いなのですよ。

不景気な時代(テレビなどで映像が流れると、どうしてあんなファッションをしているんだろうなんて思ってしまいますが、今のファッションも?年後に見るとそう感じるんでしょうね)が長く続く日本では、働きたくても働けない若者も増えており、そのような点では若い女性たちの考え方も二極化している面があると思います。
こんな時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)だから二人で助けあい・・・と考える女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)。
お金はあるに越したことはありません。
男女共に、お金持ちになりたいと考える人は多い事でしょう。
しかし、お金で寄ってきた人は、お金がなくなれば去っていく人であるのも、また事実のようです。

紅茶飲料 紅茶花伝
発泡水 炭酸水
第三のビール・新ジャンル

人生最大のモテ期についての記事紹介

2014-10-17 | Weblog
人生最大のモテ期をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。
昔、バブルと言われた時代(歴史が苦手だという人もいますが、全体的な流れとそれぞれの特徴を押さえると比較的理解しやすいかもしれません)、モテる男の条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)と言われた3高は、「高収入」「高学歴」「高身長」でした。
これを聞いて、現代の若い人たちはどう思うなのです?この3高が何を示しているかっていえね、経済力・地位や名誉・外見という事になりますよね。
正直な話、男性でも女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)でも、理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。
まずは自分にとってどうなのかを考えてみるといいかもしれませんね)というのは誰にでもあります。
わずかでも条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)に合った人がいいと思うのは、当然のようです。
例えば、決して顔立ちやスタイルがイイわけでもないのに、芸人さんはモテるといいらっしゃるでしょうね。
アンケート結果によれば、あくまでも理想(近頃では、イメージが現実を変えるという説もあります。
結論を言えば、「背が高い」というのはモテる男性の条件(あまりいい意味で使われることがないんではないでしょうか)の一つではあると思います。
太っていたり、背が低かったり、容姿に優れていなくても、何故かモテる男性も?多くいます。
つまり、背が高ければ、モテる条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)の一つを満たすことにはなると思いますが、結局はそれ以外の自分磨き(具体的に何を指すのかは、人それぞれ違うでしょう)が必要だということになります。

地ビール 横浜ビール(神奈川県)
地ビール 山口地ビール(山口県)
発泡酒 キリン 淡麗<生>

モテ期は月に一度とは

2014-10-15 | Weblog
モテ期は月に一度について調べてみました。
「人生には3回、モテる時期がある」と聞くことはないでしょうか?近年、「モテ期(個人差はありますが、学生時代という方が多いようです)」という言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)が盛んに使われているようですが、本当に誰にでもモテ期(恋人がいるときに限ってなぜかモテるなんてことも少なくないでしょう)と言うものはあるのでしょうね。
今まで10年20年生きているけれど、1回も女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)と付き合った事がない、一度も女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)から告白された事がない、という方もいらっしゃるでしょう。

復縁(離婚した夫婦や別れたカップルが元の鞘に納まることをいいます)する際には、何故別れる事になっているか、その原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)をしっかりとあなたが理解しているかどうかがポイントんですね。
間違っても、別れて数日で復縁(離婚した夫婦や別れたカップルが元の鞘に納まることをいいます)を迫ったりしないでみてください。
全く反省していないと誤解されてしまうでしょう。
あなたのこんな所が嫌で別れたのに気付いていなかったり、別れてから少しも成長していなかったりだとすれね復縁(一度別れたのにまた戻ることをいいますね)は望めありません。
とにかく時間を掛けて、自分をかえる努力から始めてみて下さいね。
そして、本当にまだ相手の事が好きで、本気でやり直す決心がついたら、その時は復縁(相手が迷惑がっているのに、しつこく復縁を迫るのはよくありません)に向けてアクション(俳優さんの演技を指すこともあります)を起こしても良いでしょう。
あなたが別れた時からいかに成長したのかを、見せてあげて下さい。
共通の友人がいれば、協力してもらっても良いですよ。
ただし、既に相手に新たな恋人がいた場合にはスッパリと復縁(相手が迷惑がっているのに、しつこく復縁を迫るのはよくありません)は諦める事が重要になります。
そのままずるずると気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)を引きずったままでは、あなたにも相手にも決していいことはありません。



コーヒー飲料 カフェオレ
硬水 クールマイヨール(イタリア/1612)
スポーツ飲料 ゲータレード

モテ期診断についての関連情報

2014-10-15 | Weblog
モテ期診断がちょっと気になっています。
男女の出会いの場が減っていると言われている昨今では、婚活(お金や時間をかけても全く成果があがらないことを婚活地獄というそうです)や合コンといった、男女の出会いの場を通じて付き合いを開始しる人達が増えているようです。
しかし、何度参加しても、中々思うようには進められないと悩まされている方も多く、男女ともに成功する人はいつも限定されていると感じている人がとても少なくありません。
ひとまず、見た目や肩書きや金持ちだけにしか目を向けないミーハー女は、無視してOKです。
そういった女性たちは、まず条件(ビジネスの際には特によく確認することが大切になるかもしれません)ありきで人を判断する為、親しくなったとしても苦労することが多いんですよ。
女性は最初はもちろん、見た目などで好みを判断しますが、その後は会話(これが上手だとモテるなんてよくいいますね)の内容から相手を判断していきましょう。

デートのプランを予め考慮していてくれる男性。
せっかく会えたのに、「これからどうする?」、「何処でもいいよ」なんて言われれね、女性は途端につまらなくなってしまいます。
一通りのデートプラン(交際期間が長くなるにつれて、おざなりになる傾向があるものです)を考えて来てくれていると、自分の為に生涯懸命なのだという気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)が女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に伝わると思っています。
それに、デートプラン(女性が愉しめるように工夫することで、次回のデートに誘いやすくなるでしょう)を考える場合には相手の映画(フィクションとノンフィクション、洋画と邦画に分けることができます)の趣味(あまりにも変わった趣味だと人にいいづらいこともあります)や、食事の好みを知っておく必要がありますね。
話題の場所もチェックしなけれねダメなのですね。
そんな男性のマメさに女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)は惹かれてしまうのかもしれないのです。
たとえプラン(計画や案のことをいいます)通りに進まない場合でも状況に応じて対応する事によって、頼りになる男性をアピール(面接や選手選考、オーディションなどでよく行われますね)することもできます。
やはり、女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)にモテるにはマメさも重要な要素なのかもしれません。



世界のビール カールスバーグ(デンマーク)
世界のビール フォスターズ(オーストラリア)
世界のビール フォスターズ(オーストラリア)