サクマブログ

サクマのブログ

不動産投資にかかる不動産

2016-10-15 01:57:00 | 日記
 不動産の世界においては不動産投資というものがある。
不動産投資というのは、不動産買い取りに対して資本を変動・上下というものがあるから、できるだけ、近接した場所で不動産を買い取る。
不動産の価格が上昇した段階で、それらの不動産を売り払う。
不動産投資のために買い取りを行う際に投入した最初の金額と、不動産を売却した際の差額分によって、一気にもうかるという、不動産投資における鉄則というものがある。

この鉄則に則って、不動産投資における資本をできるだけ増大させるような行為全般を指して、不動産業界における不動産投資という用語が使われているという現状が呈されているのである。
不動産は住む人がいて初めて成り立つが、例えばある不動産から、人がずらしたとする。
不動産を置き去りにする夜逃げというやつだが、物件が宙に浮いた形となる。
不動産の所有者は、たいていは負債を抱えていてその不動産・物件は形となる。
不動産の債権者は物件を処理したい場合に、物件を売り出し、物件に注目した人たちが、不動産に値段を付けていく。
不動産の世界では競売はよく行われることではある。
不動産だと競売が物件処理に適している?

 不動産の価値の幻影性?不動産の前項でも述べたように、幻影性がので、競売という不動産物件において、不動産物件に人が、次から次へと値段をつけていく。
不動産における競売というのは、「競って売る」と書くが、希望者が奪い合うように、競い合って何とかその物件・不動産を掌中に収めようとする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動産業界における不動産投... | トップ | 不動産業界における不動産投... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。