平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

悲願なるかサトノダイヤモンド陣営

2017-09-11 02:09:15 | 競馬
重馬場で行われたフォワ賞。サトノダイヤモンドは直線で伸びず4着。ラビットとしてレースを引っ張ったサトノノブレスは最下位。見た目は惨敗ですが、5着で良いと書いた僕には納得のレース。池江調教師とルメール騎手と里見オーナーは、前哨戦を捨てて本番に賭けています (@_@;)

凱旋門賞まで中2週。短期間に2400mを2度走る、このローテーションは非常に厳しいものであり、フォワ賞勝ちから凱旋門賞制覇は数十年前に遡らないと出てこないほど。しかも、ディープインパクト産駒は間隔を空けないとダメで、昨年もフランスのイスパーン賞を圧勝したエイシンヒカリが、中2週でイギリスに渡って惨敗。ディープインパクトの子は、レース間隔と輸送に神経が必要なのです。今回は疲労の残る重馬場も加わり、馬を壊さないのが最重点。

フォワ賞は、サトノノブレスが逃げて、サトノダイヤモンドはインの2番手で淡々と流れました。そして、直線半ばでサトノダイヤモンドがノブレスの外に出し、残り200mのハロン棒を通過した直後に、顔を見合わせた両騎手が鞭を一発入れて追い出し。しかし、七分の仕上がりなので、ベルリン大賞馬のチンギスシークレットほかに抜かれました。

サトノダイヤモンドは残り400まで、ずっと左手前で走っていました。こういう重馬場は苦手なのです。馬場が悪い時は逃げ先行が有利と言われますが、それは重馬場が得意な馬の話で、重が苦手の馬が前に行ったら足が上がります。勝ちタイムが2分35秒の後半。日本のダービーよりも11秒も遅いタイム。200m余計に走ったのと同じです。目一杯走ったらお釣りがなくなるか故障する。

昔の3冠馬シンザンの頃は、秋の初戦は手抜きして負けるのが常識でした。1983年の3冠馬、ミスターシービーも秋初戦の菊花賞トライアルは負けています。同じく3冠馬のナリタブライアンも負けている。前哨戦のトライアルを勝たなくてはならないという意識は、競馬を知らないお子ちゃまレベル。豪州では、強い馬が調教代わりに負けられるレースがあるほど、前哨戦には寛容なのです。ゲームの影響なのか、日本は馬を生き物として見られないキチガイが多すぎる。

サラブレッドは物凄く繊細で、本当は無神経でガサツな競馬村の人間が扱えるものではないのです。ガサツだから馬のSOSに気が付かなくて平気で故障させる。ミズノ製シューズを履かせていなくても (;´Д`)

理想の負け方。今回は理想に近い負け方ですが、それでも中2週でピークに上げられるかは調教師の腕次第。重め残りで走った後の反動が出るか、それとも重めが解消して次にピークが来るか。これも経験値だけでなく、賭けの要素も強いのです。賭けに勝ったら、凱旋門賞は良い走りをすると思います。野ブタに荒らされた穴に足を突っ込まなくてよかった (^_^;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日深夜はサトノダイヤモン... | トップ | 逃げ回るリベロ  (-_-;) »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ほんと)
2017-09-11 14:39:43
先生こんにちは。

サトノダイヤモンドのフォア賞の結果を受けて、本番に暗雲かといった見出しの記事を挙げたスポーツ紙もあるようですが、陣営の戦略であるなら、暗雲というより期待のほうが大きいですね。
YouTubeに動画があがっていました。
https://www.youtube.com/watch?v=GHI96_sFJ80

昨日のグラチャン中国戦は負けてしまいましたが、佐藤美弥さんが久しぶりのスタメンだったのでテンション上がりました。
火の鳥NIPPON、中国に敗れグラチャンバレー2017を5位で終える
http://www.jva.or.jp/index.php/topics/20170910-1
ほんとさんへ (平御幸)
2017-09-11 16:00:20
ほんとさん( ノ゚Д゚)こんにちわ

本当に勝てると思っていたのなら陣営はアホすぎますね。

サトノダイヤモンドは休養明けはダメで、しかも調教がそのままレース結果に繋がるタイプ。今回の調教は緩くて七分程度。これで楽勝すらくらいなら楽に三冠馬になっています (^_^;)

本番好走の条件は、速すぎない良に近い馬場。それから疲れが残っていないことです。右手前にして全く伸びなかったので、直線は外に出さないと馬を怖がるのかも。インから伸びるタイプではないですね ^^;

グラチャンバレーは録画満杯で録画できず、途中までしか見てません。3年後も荒木といのなら予選敗退は間違いなし。

日本の欠点はセンターの弱さ。MBはスピードないしモタモタして待ち構えてしかブロックできない。高さが足りないのではなくスピードが足りないのです。リベロも最低レベル。どのチームも新鍋潰しで新鍋にサーブ集めたからリベロの弱さが見えなかっただけ。

2枚ブロックで荒木とアナが叫んだ時に、リプレイがほとんど出なかったのには笑いました。リプレイだと隣に当っているのが分かるからリプレイできない。

荒木選手はミスが多いので毎度ながら得点が帳消しのパターン。スピードがあって確実に10点は計算できる荒谷にすべきです。岩坂選手もこれほど動けないとは。大野選手のほうが良いし、平松選手でももっと動ける。

このチームと首脳陣ではダメだと結果の出たグラチャンバレーでした。監督は山田監督か松田監督が良いのでは。僕はもう見切りつけたので大幅メンバー交代でもない限り応援もしないと思います (;´Д`)
Unknown (かたつむり)
2017-09-11 16:12:16
先生、こんにちは。

サトノダイヤモンドは前哨戦を捨てていたとの事で、その分本番に結果が付いてくるといいですね^^

グラチャンバレーはひとまずお疲れ様でしたm(__)m
疲れや怪我が心配ですが、ゆっくりして頂きたいと思います。

日立に女神様の東北福祉大学の後輩の堀井 有蘭選手が入部したみたいです。
仙台ベルフィーユからの選手でした。
http://www.hitachi-automotive.co.jp/rivale/team/report/__icsFiles/afieldfile/2017/08/29/201709_newface.pdf
かたつむりさんへ (平御幸)
2017-09-11 16:57:07
かたつむりさん( ノ゚Д゚)こんにちわ

グラチャンバレーは、中国に若手が育って、日本とブラジルに若手が育たない理由が見えた大会でしたね。中国なんかちょっと前のU-23メンバーがごっそり :(;゙゚'ω゚'):

日本は出来上がった選手(欠点を含めて)を集めて、選手の相性の最適解を求めている消極的なやり方。育ててはいないのです。

佐藤美弥さんも中田監督の指導で体型が崩れてしまった。せっかく形を作ってきたのに壊すなと (# ゚Д゚)

バレーボールなんて、実に簡単な基礎理論があって、美しさを求めていけば強くなるという方程式があるのです。美しさ=ムダのない動き=スピード=プレーの強さと余裕と粘り (;・∀・)

日本の醜い雑な動きで勝てるわけがありません。ムダのない新鍋選手をもっと見習わないと (;´Д`)
Unknown (ふく)
2017-09-11 22:34:31
先生、こんばんは。

サトノダイヤモンドは、疲れが残っていないことを祈ります。ディープの子は前哨戦はならすだけでいいのだと改めて判りました。本番はもう少し絞られるかなと思いますが、とにかく無事にベストで当日を迎えてほしいです。

グラチャンは先生もひとまずお疲れ様でした。m(__)m
問題は山積みですね。もっと爽快感を感じられるプレーを拝見したいと思いました。欲張りで申し訳ありません。m(__)m
ふくさんへ (平御幸)
2017-09-11 23:03:13
ふくさん( ノ゚Д゚)こんばんわ

春の天皇賞組は壮絶なレコードの反動でダメになった説あります。こちらだと心配 (;´Д`)

グラチャンバレーは、諸悪の根源の久光と東レの害毒が表に出てきただけような。それに姫路が加わって三悪人の構図 :(;゙゚'ω゚'):

日テレのエンドテロップの美術に道灌と出たら大阪の時らデッサン教えた生徒です ^^;

女神は乙女になってます orz

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事