平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

クイズの答え 十束の剣と天叢雲剣の奥義

2017-09-21 12:34:35 | 古代史と聖書
今回のクイズは、日立リヴァーレの長内選手と下平選手のインスタグラムから触発されたものです。しつこいほど白と黒が出てくるからには、何かあるはず (´ε`;)ウーン…


長内選手のインスタグラムから


下平選手のインスタグラムから

十束の剣は刃が十握りの長さですが、握る部分は二握りで、合計すると十二束の剣となります。要するに、南ユダ王国の2部族と、北イスラエル王国の10部族を表しているのです。

また、握りが2に対して刃が10の比率だから、これは鍔(つば)を入れるとイエスの十字架の形になります。イスラエル12部族とは、イエスの十字架としてサタンと戦う神剣そのものを指すのです。これが、十束の剣の奥義です。日本人こそ十束の剣そのものなのです。

次に、草薙の剣ですが、草を薙ぎ払うとは、草という文字を横に切って分解しろという意味なのです。草冠+日+十字架。茨の冠をかぶった太陽神イエスが出てきましたね。雉はヤハウェの隹(尻尾の短い鳥)=イスラエルのシンボルだから、草薙の剣とは、太陽神イエスの元に集うイスラエルの戦士を表すのです。神の軍団が草薙で、在日のクサナギというタレントではありません (;´Д`)


ジャニーズ所属の在日のヤバいタレント(金塊強盗事件の犯人は朝鮮系)

また、天叢雲剣とは、天叢(むらくも)は斑(マダラ)だから、これは斑で財を成したヤコブを表すのですが、ヤマタノオロチの尾が切り落とされたのは割礼を表します。ここでのヤマタノオロチとは包茎の男根。割礼して皮が短くなると、手術痕が縞模様になる。割礼が一般的でなくなった現代でも、粗チンのAV男優の多くに包茎手術の手術痕があります (@@;)

天叢雲剣は、日本書紀に見られる草薙剣の別名ですが、古事記では最初に都牟刈の大刀(つむがりのたち)と呼ばれています。古事記の都牟刈の大刀=日本書紀の天叢雲剣という構図ですが、頭をオツムと言うように、ツムガリとは頭を刈る事を指します。要するに、亀頭の包皮を切る包茎手術=割礼を暗示しているのです。

草薙剣(天叢雲剣)は天孫降臨の際に天照大神(ヤハウェ=後のイエス)により、ニニギに与えられて、ニニギは葦原の中つ国に降り立ちます。葦原の中つ国は大和とされていますが、ニニギはヤコブなので、葦原の中つ国もヤコブの死んだエジプトとなるのです→『私だけの古代史第三部・法隆寺編』第4章 ホホデミとヨセフ 2.海神の正体


創世記と記紀の神の一致
2005年制作もWebで非公開だったから、いつの間にか多くの人がパクって自説としているのには驚いたお
ちゃんと最初の提唱者を書かないと呪われるお (;´Д`)


映画のダ・ヴィンチ・コードで、聖杯を子宮に例えて説明する場面がありますが、聖杯が子宮なら聖剣は男根となるのです。『記紀』で聖剣は草薙剣=天叢雲剣。叢雲とは太陽がダイヤモンドに見える時の雲。


これが叢雲で神の祝福のしるし
晴明神社と伏見稲荷


中世以降の日本刀は反っていますが、これは刀上半分に波型に泥を塗り、それから焼き入れして水に浸けた瞬間に反り返るメカニズム。最初から反らして鍛えているのではないのです。中世以降に何故急に反るようになったかは謎ですが、波紋に叢雲を付けると反るという言い伝えがあったのではないか。おそらく、非公開の、古代の反った叢雲の剣がどこかに保管されているはずです。中世の刀鍛冶は復元しようとして成功したのでは (@_@;)

割礼の初出は『創世記』のアブラハムが子を授かる場面で、ヤハウェはアブラハムの息子イサクに割礼を施すことを命じ、以後の子孫は割礼を受ける事になります。イサクが最初で、イサクの息子のヤコブと続くのですが、子孫が割礼して人工縞男根にしたのです。

割礼という奇習は、天叢雲剣という聖剣に置き換えられ、神話の中に封印された。その封印が解かれる時代を迎えているのです。新たな神との契約が天叢雲剣を甦らせる。イエスの「剣を投げ込む」という預言が成就されるために。

     平御幸(Miyuki.Taira)
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加