平御幸(Miyuki.Taira)の鳥瞰図

古代史において夥しい新事実を公開する平御幸(Miyuki.Taira)が、独自の視点を日常に向けたものを書いています。

明日深夜はサトノダイヤモンドのフォワ賞

2017-09-09 20:37:45 | 競馬
明日の深夜、日本時間では9月11日の0時35分、凱旋門賞の前哨戦フォワ賞にサトノダイヤモンドが出走します。ペースメーカー役として帯同しているサトノノブレスも出走。向こうでは枠番と馬番が違うので、サトノダイヤモンドは最内枠、サトノノブレスは3番枠から発走→こちら

なお、シャンティイ競馬場は野ブタ(猪?)に芝を掘り返され、慌てて埋め戻し作業が行われたとか→こちら。トリュフでも生えていたのかも (^o^;)

1名無しさん@実況で競馬板アウト2017/09/06(水) 08:31:51.62ID:
http://twitter.com/GayKelleway/status/905057086517772289
http://twitter.com/francegalop/status/904972114188525568
http://twitter.com/francegalop/status/904975060691275776

昨年は、同距離の3才限定戦であるニエル賞をマカヒキが勝ちましたが、本番まで中2週というローテーションは、間隔を空けたほうが良いディープインパクト産駒には過酷で、マカヒキは帰国後も調子が戻っていません。だから、前哨戦は負けても良いからと割り切るべきなのですが、競馬関係者は総じて頭が悪いので、前哨戦で目一杯で本番調子落ちばかり。

フォワ賞は6頭立てですが、少頭数のレースは見かけよりも馬の負担が大きいと僕は思っています。枠による紛れがないから、縦長にならず、最初から最後まで固まって一団で走る。前半は遊びながら走るディープインパクト産駒には向かない流れ。5着で良いから、あくまでも、本番見据えた調教代わりに徹することが大切です。でも、1番人気だし目一杯走ってしまいそう (_ _;)

凱旋門賞のステップレースは、3才馬限定のニエル賞と、牝馬限定のヴェルメイユ賞も同日に行われます。今年の凱旋門賞は、英愛オークスからキングジョージとヨークシャーオークスまでG1連勝中の3才牝馬イネイブルが断然の一番人気。でも、英愛の3才牝馬が凱旋門賞を勝ったことは一度もありません。サトノダイヤモンドが勝っても、欧州調教馬以外が初制覇という偉業。

ウジテレビも速報程度で、リアルタイムで見るには、フランスギャロップの公式か、ブックメーカーサイト(betclic.fr)や、トルコやドバイなどのスポーツチャンネルの配信に期待するしかありません。見つけた人は書き込むように (;・∀・)

ちなみに、フランスギャロップのYouTubeはこちら
https://www.youtube.com/user/FranceGalopTV


2mくらいに伸びた木苺 (^o^;)

ベランダ外の雑草でブドウに似た葉の蔓が巻き付いてどうしようかと思ってた。おそらくロシア戦で外出中に草刈りが入って無事に解放 (^_^)v


https://www.betclic.fr/turf/
liveクリック→右下に動画でるから拡大クリック


ウリ環境では拡大出ないけど右下にライブ動画が見られる
左はレース選択で 7 Qatar Prix Foy がフォワ賞


ドバイレーシングライブ映像
http://awaan.ae/live/12/Dubai-Racing-2


青丸に紺の馬アイコンがあるからRacing-2を選択
レース直前まで関係のない映像があるかも


今日はドバイしかやってないぽい orz
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加