海山散歩人

近隣の海と山が大好きで、定年退職してからは、
のんびり・まったり過ごしたい、極楽トンボのブログです。

一度行ってみたかった石臼そば

2016-10-08 15:03:34 | グルメ
いつだったか、テレビで放映されていた蕎麦屋

逗子駅の裏通りにある石臼そば、バングラディッシュ人のご主人が石臼そばを打っていることで、知る人ぞ知るお蕎麦屋さんである。

以前から食べに行こうと思いながらも駅裏には用事もなく、蕎麦を食べるためだけに行くのも躊躇っているうちに、数年が経過していた。

ふと思いついたように、ふらふらと出かけついでに、裏駅に下車して石臼そばを食べることにした。

加山雄三のサインが飾られている、多分若大将散歩のテレビ撮影で立ち寄ったときのサインだろう。もうひとつの色紙は仮面ライダーと書かれているように見えるが、達筆すぎてよく分からない。



1階は4人席と二人席のみで、石臼と厨房がほとんどを占めている。2階はカーペット座敷席で、居酒屋のようでもある。

狭い店内を、バングラディシュ人のご主人が愛想よく立ち回って、手際のいい配膳をしてくれる。

かき揚げ蕎麦を注文、かき揚げが食べやすいように二つに切り分けられている

単一民族の小生としては、バングラディシュの人が、どうして石臼そばを打つようになったのか、一度会話してみたいと思ったりするが、考えてみると外国ではお寿司が人気だったり、日本人が外国の料理に関わっているのは、ごく自然なことである。

石臼そばだから不思議さが膨らむのだろうか。

食べ終わって会計して店から出ようとしたとき、ご主人が「すぐ前を車が通りますので気をつけてください」と、戸を開けてから送り出してくれた。



そんな心配りと、愛想のいい接客が印象的なお蕎麦屋さんでした。


ランキングに参加しています
応援のワンクリックお願いします

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 三浦郡葉山町情報へにほんブログ村

アラ還のよしみで、何とぞこちらもお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへにほんブログ村

マリンスポーツ ブログランキングへ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京オリンピックと葉山港 | トップ | iPadで初めてブログを書きました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

グルメ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。