狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

At night

2017年06月09日 18時00分00秒 | 昔の写真

毎晩、日常的に繰り返される夜汽車の発車に
星の数ほどの別れがあった。



1975年 博多にて 44レ

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深山幽谷 | トップ | 夏、4時台早朝練 グラデーシ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夜汽車 (佐倉)
2017-06-09 20:30:18
 もうこういうシーンは見られなくなってしまい、寂しい限りです。
 この写真には、これから旅に出るという,ワクワクする感覚が自分にはあります。(^^ゞ
テールランプ (一鉄草魂)
2017-06-09 21:42:17
夜汽車ならではのテールランプが光る光景…。
哀愁の漂うホームに別れを惜しむ人々。
それを見守る車掌、いいですね…。

今の人は機関車を前から前からと撮影しますが…。
12系や24系が夜行列車の主役だった時代が懐かしいです。
おぼろげながら・・・ (狂電関人)
2017-06-10 08:42:34
佐倉さま

微かな記憶に、当時中坊の電関人が寝台列車を雰囲気出して夜撮りたいと言う話に、父親がバルブ撮影のことを
教えてくれたような・・・。しかもご存知のように当時の九州内はHM省略時代ですから、
列車名が分かる後ろ側の撮影を頻繁にやってました。
そのコマの一部には、当時の駅の旅情が写り込んでおり、
特に長距離列車の発着シーンにはワクワクしたのを
今でも体が覚えてますね!
デジタルの恩恵 (狂電関人)
2017-06-10 08:47:33
一鉄草魂さま

一連の駅撮り最後尾写真は、銀塩時代ほとんど日の目を見ることがなく、
それは明暗差によって、愛称サインが白飛びするからでしたが、
PSで加工することで、このように愛称名を巧く出せるようになって
ようやくアップの運びとなったわけです!
HM省略時代、その列車とわかる後ろ狙いの写真が山のように残ってます。。。
長旅へ (風太郎)
2017-06-10 19:50:46
柔らかい調子が何か長旅の気怠さや湿度感まで伝えるようで見る程に味があります。
モノクロだったのが正解。
ズイコーの力 (狂電関人)
2017-06-10 20:12:22
風太郎さま

ハーフとはいえ、やはりズイコー。
とろりとした解像力で良い具合に雰囲気出てるでしょ。
オリンパスペンFなかなかのものです。

コメントを投稿

昔の写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。