狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

都電散撮 黄と赤

2016年12月07日 18時05分31秒 | 私鉄・地方交通 関東

大都会の真ん中に豊富な樹種が集まって四季を通じて楽しめるポイント。
ちょうど季節に合った復活色の7001がやってきた。



黄色や赤に染まった木々と、
電車の色がマッチして・・・
できれば、これ以外にも冬色、春色、夏色の電車が揃ったらなぁと。

2016年秋

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臨タキに思う | トップ | 下野晩秋 番外編 新と旧と »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
都電 (佐倉)
2016-12-07 18:32:55
 やはり都電はこの色が落ち着きますね。
 黄葉とベストマッチング!
 それにしても、都電撮影でこんなに建物が写らない場所がありましたか...
まるで (風太郎)
2016-12-07 21:40:15
線路上にも紅葉があって、まるで何処かの山奥のよう。
都電も細部まで目を配れば奥深いですねえ。
そうなんです。 (狂電関人)
2016-12-08 18:00:43
佐倉さま

電関人が上京した時には確か青いラインになっていたと思いますが、
都電というとやはりこの色でしょうか?
場所は、学習院下電停のから一つ行った鬼子母神側の踏切からのアングルです。
自然に満ちた場所。 (狂電関人)
2016-12-08 18:03:18
風太郎さま

この界隈は、木々が多いので実生で道床からも多くの芽吹きがあるのでしょうね!
トラス式のポールといい、ちょっとわくわくする場所です。

コメントを投稿

私鉄・地方交通 関東」カテゴリの最新記事