狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

山へ

2017年06月17日 08時34分59秒 | 徒然鉄ネタ

今年で102年目の鉄路。
私鉄オリエンティドのトラス架線柱、そして素晴らしい山の眺めもこの景色はさほど変わらぬのでは。
猛々しく聳える山々へと向けて走り去る大町貨物。
昔から機関車は正面から撮るよりもこうやって後追い気味に撮る方が力強く見えて好きだ。



今も昔もこの安曇沓掛の景色が山が見える鉄道風景の中で不動のナンバーワンである。
恋い焦がれて立ったこの時は生憎の高曇りで山々は見えるもののその迫りくる雄大さは味わえず、
固く再訪を誓ったのであった。
雄大な山景色への憧れゴコロと山へ向かってモーター音を上げるロクマルのベクトルがシンクロする。

1981年早春

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水上驟雨 | トップ | Swinging on the Gio »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大糸線 (佐倉)
2017-06-17 09:39:07
 貨物列車が走っていた頃に行きたかったですね。
 9月には旧客が走るようで、撮りに行こうかどうしようか...
機関車にもよりますが、 (狂電関人)
2017-06-17 10:45:19
佐倉さま

信州観光を兼ねて、温泉にでも浸かってのんびり行かれると良いかもしれませんね。

私は、来週の遠征の次はまたしばらくお財布を休ませながら、秋の蒸機を何処かで・・・。
安曇沓掛 (RDP3)
2017-06-17 14:28:04
過去何度か訪問しましたが、冬の快晴は一度だけでした。
道路が綺麗になり、多少雰囲気変わったようですが、基本は変わらずですね。

ED60の貨物と共に、165やら旧国が思い出されます。
大糸線の景色。 (狂電関人)
2017-06-17 15:40:46
RDP3さま

沿線風景が良いわけだから、せめてこの路線を走る211系も
セミクロスにするくらいお金をかけても罰は当たらないと思いますがね・・・。
後追い (こあらま)
2017-06-19 18:48:50
そうでしたか。電関人さんも後追いがお好きでしたか。
また後追い好き仲間が増えて、大変嬉しい次第です。
中には、この美学を理解してもらえない方もおられまして・・・。
進むべき道をしっかりと見据えるというのは大切なことですよね。
ちょっと、話が違いましたか。(笑)
後追いアングル。 (狂電関人)
2017-06-19 18:52:41
こあらまさま

はい!大好きです。
蒸機でも結構頻繁にやっております。
スチール写真としては、前からくる列車に抗って撮るより寧ろ動的力学にかなっている撮り方かと・・・(笑)

コメントを投稿

徒然鉄ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。