狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

米どころの冬 始発列車を待つ駅

2017年02月13日 17時34分24秒 | 国鉄・JR 甲信越

越後須原駅で一番列車の送り込みを撮った後、やや思案して魚沼田中を目指す。
昨日の夕刻に魚沼田中で下車した学生が居たということは朝も利用者がいるだろうと。
まだ宵闇が残る駅に到着。



ホームに積もるバージンスノーをパチリ。
レッドカーペットならぬホワイトカーペットが利用者を待つ。



だんだん明るくなっていく駅に登校の学生の姿。
米どころの貴重な若者を黙々と輸送する只見線の始発がやってきた。



いつもと変わらぬ朝を始発列車が運んでいく。

2017年 1月 2421D 魚沼田中

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒月 | トップ | 払暁をゆく »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニッポンの朝 (風太郎)
2017-02-13 21:08:30
雪のホーム、冴え冴えとした月光のような発色に惹かれます。
撮ったのは土曜日では? 部活で登校でしょうか。
ここにもニッポンの朝があります。
雪国の夜明 (こあらま)
2017-02-14 00:14:25
3枚目の何気ない集落風景を背景にした後追いがとても気になります。
雪国の乳白色のもやもやした曇天の朝の雰囲気がよく感じられます。こうやって夜が明けていくんですよね。
集落の屋根はきれいに雪下ろしされていますが、駅舎だけは・・・。どうしたんでしょう。
良い色でしょ!? (狂電関人)
2017-02-14 17:32:05
風太郎さま

我ながらうまくRAW現像出来たかなと・・・。

部活でしょうかね、数人の学生を載せて発車していきました。正しい日本の朝ですね!
ありがとうございます。 (狂電関人)
2017-02-14 17:34:40
こあらまさま

雪の朝の明けきらない時間帯のこの色、
出すのに結構苦労しました(汗)

この駅の待合小屋、おっしゃるように潰れはしまいかと
心配になりました。でも豪雪地帯の駅の風景としては良い感じで。。。
Unknown (hmd)
2017-02-15 17:24:24
狂電関人様
布団を被ったような屋根雪と昨晩に綺麗に除雪されたホームとの対比も、趣がありますね。
誰の足跡もないと、シメシメと内心思ったり(笑)
でも、雪の近景は車窓からは白過ぎて判らないので、やっぱり降り立たないとですね。
雪のローカル線 (狂電関人)
2017-02-15 18:30:14
hmdさま

久々に孤軍じっくりと雪のローカル線に対峙してきました。
やはり旧国鉄型ヨンマルが居る風景は落ち着きます。

さて次は夏です。
そうそうその前に皆さんで某地へ合宿でしたね!

コメントを投稿

国鉄・JR 甲信越」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。