狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

流馬がゆく

2017年07月29日 19時48分22秒 | 徒然鉄ネタ

ステンレスやアルミ蠢く大都会の鉄道に紛れ、ひっそり行き交う鋼製車。
中でも青い流馬はお気に入り。



撮りに行った時は、まだ入線したてだった流馬。



昭和の駅景に馴染むスタイル。



大都会にぽっかり空いたタイムトンネルの先に広がる昭和の景色をコトコト走る流馬。



早晩全身に塗装を纏った電車は居なくなるだろう。



駅に職員が居てくれるほのぼの電車。
もうすぐ流馬はゆく。

2013年 流鉄

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休み旅行 1978 | トップ | 夏花競咲  »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの頃の匂い (風太郎)
2017-07-29 23:08:54
確か学生時代に行ったような。
沿線は思いのほか宅地が進んでいて玉砕した記憶も。
既に時代は変わりつつあったのでしょうが、今はまたひとつ時代が巡ったのかも知れず。
写真からはあの頃の匂いを少し嗅ぐ気がします。
何より駅員の伝統的日本人体型が泣かせます。
とある記事にて、 (狂電関人)
2017-07-30 08:51:23
風太郎さま

ネットだったか、とある記事にて5001「流馬」の引退記事を見て、
ふと、大首都圏に隣接する本線のことを思い出し記事を作ってみました。
住宅街の小径の様な線路ですが、其処彼処に懐かしい下町風情が見え隠れします。
お盆の隠れテーマかなぁ。
電関人さん出没注意 (こあらま)
2017-07-30 21:34:43
今は「流電」というのですね。こあらまが知るのは、「流山電鉄」か「総武流山電鉄」の時代です。
学生時代、馬橋駅を通過する快速線で通学していましたから、朝晩ここの電車を眺めていました。
また、知り合いがこの鉄道に勤めていたので、記念きっふが出るたびに貰っていました。
さらには、西武沿線民だったので、西武鉄道の歴代車両は懐かしいです。
色々と関係はあるのですが、一往復乗ったっきりです。
電関人さんはこんなところにも出没するのですね。や~参った。
基本雑食系です。 (狂電関人)
2017-07-30 21:55:22
こあらまさま

ヒグマじゃありませんから人畜無害です(爆)

本当はもっと昔から気になっていた線区なのですが、2000年もこんなに経ってからの訪問となってしまい。
ギリギリ旧101系(?)なのはなに間に合ったというところです。

コメントを投稿

徒然鉄ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。