狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

ヨンマルとウミネコ

2017年07月23日 20時47分50秒 | 国鉄・JR 東北

鉄道写真に自然界の動物を絡ませるほど手強いものはない。
要は偶然の産物に期待するしかないわけで・・・。

撮れないかと期待はしてみたものの、その偶然は突然やってくるのである。



後で分かったのだが、ちょうど列車脇の草叢に隠れているあたりの海にウミネコのお狩場があるようで、
二日間通ったうちどちらの日も鳥山を見かけた。
ちょっと遠いけど二日目の朝の収穫。



そのあとこちらで、望遠で遠ざかる列車を追っていたら、
やはりいきなりフレームイン。

やっぱり手強い相手である。

2017年6月 上)陸中八木~宿戸、下)有家~陸中中野

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日の出とともに花開く | トップ | 青田の息吹 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自然相手 (RDP3)
2017-07-23 21:14:50
太陽と言い、風と言い、そして動物と言い、我が意に叶わぬもの。
太陽や風はある程度読めるし、まあどうしようもない事態もありますが、動物は一番厄介!

鹿児島交通や日立電鉄で馬を相手にした時でさえ、苦労させられました。
自然相手 (狂電関人)
2017-07-23 21:36:33
RDP3さま

結果的には或る意味十分な撮れ高になりましたが、今回の八戸線の天気には苦労させられました。。。
名脇役になるか、否か。 (hmd)
2017-07-24 19:32:58
狂電関人さま
動物ははまれば、はまりますが、とても、加減具合が難しそうですね。
お写真のウミネコは、名脇役を果たしていると感じます。
ps 先日はありがとうございました。今後も、よろしくご指導のほど、お願い致します。

本当は、 (狂電関人)
2017-07-24 20:59:21
hmdさま

土曜日は楽しかったですね。
またよろしくお願いいたします。

八戸線のウミネコ。本当は快速うみねこコラボを狙っていたのですが、
流石にそうは問屋が卸してくれませんでした(笑)
海を巡る (風太郎)
2017-07-24 21:39:51
太平洋のイメージとはちょっと違うアンニュイな雰囲気がいいですね。
北から南から海を巡る鉄道の豊かな情景もこの国の宝と思うのですが。
ところで「鳥山」って何ですか?
鳥山 (狂電関人)
2017-07-25 18:25:01
風太郎さま

漁師さんなどが漁場の目安にしたりするのですが、海面下に魚群があり、それを狙った鳥が水面に山のように集っている様を鳥山といいます。
偶然性が (マイオ)
2017-07-27 08:50:21
動物や幼児の動きは予測の範囲を超えており、
こちらに合わせると絵のバランスを崩すことに
なりかねず、あくまで偶然の産物と割り切る方が
精神衛生上よろしいようです。
ただ、入れる積もりのないところに闖入される
こともありますが、これも線路端では日常茶飯事。笑って済ませる器が必要なのでしょう。
まだまだ悟りから程遠い私でした。4608
そうですね。 (狂電関人)
2017-07-27 09:14:59
マイオさま

電関人の経験で一番は、磐西での出来事で鹿瀬を出た499装備の498号機の直前を雉が横切ったというのが有りました・・・(汗)

コメントを投稿

国鉄・JR 東北」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。