狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

谷の朝

2016年09月19日 15時05分04秒 | 昔の写真

谷深い小谷には中々朝日が差し込んでこない。
しばれる手でカメラをセットしてゴーニーを待つ。



厳かに輝く鹿島槍の峰から降りてくる朝日のグラデーションがまだ届かない中、
単行がゆっくりと近づいてくる。


2009年2月 大糸線 南小谷~中土



『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 客車有情 | トップ | 夕闇迫る »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山間の朝 (佐倉)
2016-09-19 18:04:06
 白銀の山と日陰の列車、露出が難しそうなシーンですね。
 フィルム時代に比べ、デジタルになってからはこういうシーンも現像で大分改善出来るようになりました。
絶好の光線 (風太郎)
2016-09-19 23:03:55
絶好の光線ですがいかにも寒そう。白い息まで見えて来そうですね。
風太郎が此処に立ったなら、さらに露出切り詰め+PLで空落としかなあ。

明暗差 (狂電関人)
2016-09-20 17:58:59
佐倉さま

おっしゃる通りですが、まだこの頃はRAWで撮っていない時期でして、
できればRAWの原版をじっくり現像したい一コマです。
足りませんね。 (狂電関人)
2016-09-20 18:01:46
風太郎さま

やはりそう来ますかね。
ようやく24-120用のPLを購入しました。
大分バックの山露出にしたつもりですが、確かに上りはまだ浅く、
PSで大分修正しましたが、JPEGだとこれが限界ですね。

コメントを投稿

昔の写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。