狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

都電散歩 昭和の残影

2017年04月18日 18時01分07秒 | 私鉄・地方交通 関東

荒川線にもいよいよ昭和サウンドが終焉を迎える時期が近付いてきた。
沿線では7000系と別れを惜しむカメラマンが溢れ出る。
そして吊掛音とともに荒川線と息づいてきた沿線の昭和も徐々に減っていく。



コンクリートの味気ないビルが林立し、
新型車が行き来する沿線に両腕を突っ張るように踏ん張るトタン壁の店舗や家屋。



チンチン電車が行きかう横丁には人肌の温もりが伝わる人情の店みせが健気に商う。



現在、学習院下~大塚駅前は大規模な路盤改修工事が行われていて
それと共に急激に下町電車荒川線の風情は失われつつある。

2017年晩春

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都電散歩 桜絨毯と桜簾 | トップ | 都電散歩 散り際の7000 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
このあたり~ (Cedar)
2017-04-18 22:12:17
あまりにも無神経な町壊しが横行してるので、遠ざかっていますが、探せばあるんですね。
一番の残念事は、 (狂電関人)
2017-04-18 22:23:11
Cedarさま

工事区間がちょっと行かないうちに拡大していてびっくりしました。
随分前になりますが、鬼子母神近くの築堤アンダーパスが現役時代に
撮れなかったのがとても心残りです。
戯画ではなく (風太郎)
2017-04-18 22:33:32
うーん探せば現代らしからぬ情景があるもの。
もう遅いのですが、開発規制を掛けてある限定されたエリアでも古い東京の町並みを残せなかったかと。
壊しまくった後で大金掛けてニセモノばかり並べ、「懐かしい町並み」などという戯画は見飽きました。
懐かしい風景 (佐倉)
2017-04-19 09:04:47
 二枚目、未だ都内に居た70年代でも、こういう風景はあまり見かけなくなっていましたが、今でも残っているんですねぇ。
 木造モルタル二階建て、これも昔は何処にでもありましたが、今はほとんど見なくなりました。
 今の機材を持ってあの頃に帰りたい...
建物だけではなく、 (狂電関人)
2017-04-19 19:45:58
風太郎さま

景観を残すのであれば、当然そこで生活する人間の質も求められますね。
自己欲の塊のようなペラペラな人種にはとても務まりません。
大塚の路地で、ここで都電の写真を趣味で撮らせていただきたいのですが・・・という問いに一つ返事でいいよ!と江戸っ子返事が即答。
キップウの良さというか、とても気持ちよく撮影させていただきました!
機材。 (狂電関人)
2017-04-19 19:48:35
佐倉さま

勿論、それに越したことはないのですが、
やはりあの時代のあの機材だったが故にみんな苦労して
良い写真を目指せたのでしょうね。
それで十分楽しかった佳き時代でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。