狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

冬晴

2016年10月16日 21時43分02秒 | 国鉄・JR 関東

やがて季節はめぐり訪れる冬。
季節は確実に巡れども、そこを行く列車の装いは変わりゆく。
冬空の下、必ず思う春改正の刹那。



冬の空の青さが寂しさを募らせる。

2016年2月

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花道 秋景色に見送られて・・・ | トップ | お米の国の金太郎 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
関東のからっ風 (一鉄草魂)
2016-10-18 16:39:09
関東平野の冬のからっ風が感じられる1枚ですね。
撮影の合間に唇が乾きリップクリームを塗るような日。
しかし、昨シーズンは関東も暖冬のようで…。
信州は全く雪のない日々が続きました。
昨シーズンはほとんど雪景色を撮ることもなかったです。
今年の冬は冬らしい気候になって欲しいものです。
ありがとうございます。 (狂電関人)
2016-10-18 18:02:58
一鉄草魂さま

身に染みる空っ風の冷たさと、年々改正度に失われてゆく国鉄型の活躍の場の刹那をダブらせてみました。
今や代走でないとヒガハスに姿を見せなくなったロクロク・・・。

今年の冬は、雪景色が撮れる事を楽しみに待ちましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。