狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

筑豊一筆書き旅 二つの宇美駅

2017年04月04日 18時05分02秒 | 国鉄・JR 九州

久々の本シリーズ。
かつては~旅行と称していたが「旅」一文字の方がしっくりくるので変更。
さて、記憶が覚束ない一筆書き旅の一枚で香椎線から回ったのか勝田線から回ったのか・・・。
一筆書き旅のルールは改札外には出ずに次々に列車を乗り継いで一駅区間を遠い方から回ってくることで近郊区間内を原則とする。
そのルールに則って唯一改札を出られたのがこの二つの宇美駅乗り継ぎである。
国鉄香椎線は博多湾鉄道、勝田線は筑前参宮鉄道といずれも現西日本鉄道(西鉄)の先祖会社で、
同じ宇美駅を名乗る駅が100メートルほど離れて存在。



香椎線宇美駅の一枚。
起点駅としては小さな年代物の駅本屋だが、一番列車の前に土間には打ち水され清掃は行き届く。
古くも手入れされた駅に鮮やかな彩色の樹脂製椅子が艶めかしく浮かび上がる。

1977年冬?

 

 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑感 赤字ローカル線 | トップ | 超私的昭和風景譚 跨線橋の駅 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
駅の暗がり (風太郎)
2017-04-04 19:43:37
うん、香椎線から勝田線に乗り換えた際、その100mを歩いた記憶が微かに残っています。
何の変哲も無い田舎町の通りだったはずですが、何で同じ国鉄なのにと首を捻ったがゆえの記憶でしょう。
駅の片隅の暗がりが旅心を掻き立てたものです。何でも明るきゃいいというものではありません。
渋い! (狂電関人)
2017-04-04 22:14:45
風太郎さま

ここを旅されてましたか!?

この黒板のような駅名板、好きだったなぁ・・・。
真っ黒黒スケが隠れていそうな暗がり、最近あんまり見なくなっちゃいましたね。
懐かしい! (Cedar)
2017-04-05 00:08:06
学生時代に西鉄北九州線に嵌りがてら、北九州の運炭支線の乗りつぶしやってました。宇美から筑前勝田の間を歩いたなあ!
黒いダイヤの時代 (狂電関人)
2017-04-05 17:48:57
Cedarさま

蒸機全盛の頃、セラがあちこち忙しなく走っていた光景は朧げです。
一筆書き旅ばっかりだったので、貴重な室木線や香月線などといった盲腸線を撮れていないのが
口惜しい限りです。

コメントを投稿

国鉄・JR 九州」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。