狂電関人の写真庫

狂電関人本人のこれまでの写真のストックを思うまま徒然に表現。お立ち寄りの際には一言コメントをいただけると幸いです。

夕餉の語らい

2017年07月17日 09時49分16秒 | 徒然鉄ネタ

つい先日走った長野向けの臨時カシオペア。
24系時代に成就させられなかった食堂車の流しを試みた習作。



梅雨時期には珍しく、うっすら茜空に染まる頃。
すでにダイニングカーでは夕餉の只中。
フルコースに舌鼓を打ち、美酒を傾けながら翌朝に見えるであろうニッポンの屋根たる峰々に思いを馳せ
楽しい語らいの時間が流れているところだろう。

2017年7月 武蔵野線内 9011レ

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蒸機の残り香を追って 香春駅 | トップ | 三鉄曇り空のち雲丹弁当 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
食堂車 (佐倉)
2017-07-17 19:01:04
 あまり暗くならないと思って行きませんでしたが、こうして窓の向こう側が抜ける場所だと綺麗に撮れますね。
 土手の上から撮ったのも正解で、やっぱり行けば良かったなぁ...
瓢箪から駒 (狂電関人)
2017-07-17 23:07:55
佐倉さま

正直ここまで綺麗に撮れるとは想像してませんでした。
空に抜ければこうなるんですね。
本当に瓢箪から駒でした!
流し (RDP3)
2017-07-18 23:04:08
先に普電での練習の甲斐がありましたね。

そういえば、最近流しで撮っていないような!?
空抜きの妙! (狂電関人)
2017-07-19 18:48:42
RDP3さま

そこまでは計算できませんでしたが、結果から言うと今までにいろいろと
構想を描いていた食堂車流しのベストシャットとなりました!
まだまだ夜汽車としてのカシオペアなど未撮の構想が目白押しで・・・(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。