to go somewhere, to be something

楽しいこと、好きなことをのんびりと書いていきます。
尚、当ブログにある文章、画像の無断転載はご遠慮いただいております。

2017年7月15日 諏訪旅行 一日目 その5(下諏訪宿)

2017年07月23日 19時22分40秒 | 旅行

まるやの前の道は旧中山道です。

 

 

まるや周辺は他にも歴史ある建物が何軒かあります。そのうちの一軒が歴史民俗資料館となっていて、無料で見学することができます。

 

 

内部は二階建て、無料とは言え、なかなか展示は充実しています。ただ、冷房がないので、内部は非常に暑いです。

 

御柱祭に関するもの、昔の宿場町に関するもの等、興味深いものばかりですが、内部はかなり暑いです。

 

 

 

皇女和宮降嫁の際の行程図です。一行は中山道を通り、下諏訪宿で一泊しています。

10月20日に京都を出発、下諏訪には11月5日の17時に到着し、6日の朝7時に出発したということなので、なかなかの強行軍です。11月15日に江戸に到着しています。荷物は東海道を経由して運ばれたとのことです。

 

 

 ところで、この辺の各家の前には温泉がひかれています。

 

柄杓が置いてあるので、自由に使ってよいということだと思いますが、かなり熱いので注意が必要です。

 

旧中山道を下っていきます。

 

旧中山道はここで国道142号と合流します。提灯の門があるほうが今通ってきた旧中山道、右の道をまっすぐ進むと下社秋宮の正面に行きます。

 

 

さて、ここまで来たので、「御湖鶴」を買いに行くことにします。

 

 

ところが、店の前に来ると、何やら貼り紙があります。今日は休みか、と思って神を読んでみるとそこにかかれていた内容は「裁判所による差し押さえ」でした。

 

 

下諏訪唯一の酒蔵、「御湖鶴」の菱友醸造は数か月前、4月末に事業停止とのことで、要するに倒産した様です。

昨年秋に来た時には外国人が訪れるなど、非常ににぎわっていたので、まさかという感じですが、報道によると数年前から債務超過状態だったということで、設備投資が回収できなくなったということのようです。

 

実は、個人的な意見ですが、以前は長野の日本酒はあまりおいしくないと思っていて、その中で唯一おいしいと思ったのが「御湖鶴」でした。以来、何度となく購入しており、非常に驚きました。今年一番驚いたといっても過言ではありません。

 

良いものを造ることにこだわっていたと思うので、その辺のコストも経営を圧迫していたのかもしれません。設備投資も過剰だったのかもしれませんが、それがあってあの「御湖鶴」が出来ていたわけで、それを原因にするのは少し違うのかな、とも思います。

いずれにしても、もうあの「御湖鶴」を飲むことは多分できなくなったことは確かです。下諏訪に来る楽しみが一つ失われました。

 

 

昼間は常に人が多い下社秋宮も、この時間になるとあまり人影はありません。秋宮は明日朝に行くことにして、宿に戻ります。

 

夕食の前に、温泉に入ります。

「御宿まるや」には浴室はに二つあります。造りは同じで、夜中までは貸切、それ以降は男女別に変わります。

当然源泉かけ流しで、下諏訪の良いお湯をゆっくり楽しむことができます。洗い場は2個ついており、貸切で二人で使用するには充分な広さです。しかし、43℃とかなり熱いので、水で薄めないと我々にはちょっと厳しいです。

 

 

 

                       <その6に続く>

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年7月15日 諏訪旅行 一... | トップ | 2017年7月15日 諏訪旅行 一... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。