えんきん改革

ファンケルえんきんのすべて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

えんきんで肩こり軽減

2017-06-28 17:06:28 | えんきん
私たちにとって肩こりはとても身近な症状で、長年悩んでいる方も少なくはありません。

このため、えんきんを飲むことで肩こりが改善される確率があります。

パソコンなどを使用すると、目が疲れやすくなるだけでなく、知らない間に肩や首筋を酷使しています。

ただし目に関する食品がなぜ肩こり改善に繋がるのか、と疑問が出てしまいますね。

数十人に一定期間えんきんを使用してもらったところ、肩や首筋のステータスが4週間で改善されたという試験結果が出ています。

そのような食品があるのか、と疑ってしまうかもしれませんが、えんきんなら肩こりが軽減される確率があります。



事務作業をしている時や、デスクワークをした時などに、肩が重くなったり、鈍いだるさや苦痛を感じた場合、肩こりになっていると考えられます。

増加傾向にあると言われていて、パソコンやスマートフォンなどの使いすぎや、同じ姿勢で何時も作業を行う事が原因です。

合わせてプラセボ試験も実施されており、その異なる点がデータになって現れています。

一方、えんきんは目についての機能性表示食品ですが、肩や首筋の状態についての臨床試験が実施されています。

いつもPCなどを使用している方はもちろん、長年肩こりで悩んでいる方も、一度えんきんを飲んでみましょう。

でも、食品で低減・改善することが可能なら、肩への負担も和らぎますし、病院などへ行く回数も減らせるのではないでしょうか。

けれども、肩こりは中々解消が難しい症状で、整体医院や病院で治療を受ける方も中にはいます。

目の働きについての機能性表示食品としては日本初となっており、いくつかの臨床試験も実施されているのがポイントです。

もちろん人によって成果は異なりますし、どの程度飲めば改善されるかも異なります。

肩がこった経験はないでしょうか。

肩こりが仕事だけでなく、私生活に影響を及ぼす事例もあります。

肩こりが慢性化すると、常に肩の重さやだるさを感じるようになります。

おっしゃる通り繋がりが薄いように見えますが、実は目の酷使・利用しすぎが肩こりのきっかけになっている事があるのです。

えんきんは目に関する働き性表示食品で、色々な健康食品・サプリメントで有名なファンケルが販売しています。

でも、臨床試験で状態が改善されたとの結果が出ていますので、試してみる美点があるのではないでしょうか。

このようなステータスによって肩がこりやすくなってしまい、肩が重い・鈍いなどの症状が出てしまいます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本初目の機能性表示食品 | トップ | 目のピント機能調節改善 »

コメントを投稿

えんきん」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。