えんきん改革

ファンケルえんきんのすべて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本初目の機能性表示食品

2017-06-26 17:05:36 | えんきん
現代人は目を酷使しやすいと言われています。



えんきんというアイテムをご存じでしょうか。

すでに臨床試験を済ませた性能性表示食品であり、ピントの調整力が4週間で改善されたとの試験結果がでています。

ピントすり合わせ力を改善するえんきんであれば、普段からPC・スマートフォンを使用する方にとって大きな助けになりますよ。

えんきんはお試しセットも提供されています。

私生活に影響が出るおそれもありますので、目はいつも大事にしなくてはいけません。



色々な目のトラブルを抱えてしまう方が多く、特にスマートフォンなどの普及により、視力の低下や目の疲れなどで悩んでいる方も少なくはないのです。

これもPCなどによる影響ですが、目が深く関係していることに変わりありません。

機能性表示食品とは、栄養成分量が1日の摂取目安の基準に適合したケースにのみ、表示が許可される食品全般を指します。

えんきんは定められた基準を満たした性能性表示食品であり、目に関するサプリメントとは異なるのが大きなもち味です。

試験では、多くの方が4週間で状態の改善に至ったと結果が出ており、負担低減効果が裏付けられています。

含有成分はアントシアニンやルテイン、DHAなど、目に良いとされる成分が中心です。

パソコンなどを使うと視野がぼやけたり、目のピントすり合わせ才能が下がると言われています。

毎日PCに向かっている方も多いと考えますが、もし目のことで悩んでいるなら、えんきんを飲んでみてはどうでしょうか。

特定保健用食品(トクホ)と同じく厚生労働省が定めるもので、厳格な水準が設けられています。

また、目の酷使から肩こりになってしまう場合もあります。

目のことで悩んでいる方は、これを機にスタート出来てみてはどうでしょうか。

これらの成分がカプセルに濃縮されており、1日2粒飲むだけで済むのが魅力と言えます。

返品・取り替えの無期限サポートも用意されていますので、のんびりに試せると考えます。

カロリーも2粒で5.0kcalしかないのですので、カロリー制限を行っている方でも飲みやすいのではないでしょうか。

様々な成果が期待可能な食品であり、いま注意を集めています。

えんきんはもう一つ、目の使用による肩こり・首のこりに関連する臨床試験を行っています。

目に関連する日本初の働き性表示食品で、サプリメントなどの健康食品で有名なファンケルが販売しています。

最初に試して、効果を見てから続けるのが良いでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« えんきんをお得に購入する方法 | トップ | えんきんで肩こり軽減 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。