ええ じゃないの日記

世の中 悪い事ばかりじゃない。チョットした良いことを
前向きに拡大解釈。還暦オヤジの道楽日記

大規模サイバー攻撃の張本人はNSAとCIA

2017年05月16日 00時00分32秒 | パソコン関連
ロシア、ウクライナ、インドの被害が特に多い

中国の大学
イギリスの20以上の国立病院
ドイツの駅
フランスの日産ルノー自動車工場
スペインの通信最大手Telefonica本社
アメリカのFedEx

日立製作所の社内システムに障害が発生
JR東日本は5月15日、同社のPC1台がサイバー攻撃を受けた

今回のサイバー攻撃による被害は世界150か国以上に及び、被害件数は20万件以上に上っています。ロシアのITセキュリティー大手カスペルスキーの研究チームは、米国家安全保障局(NSA)が開発したコードが使用された点を指摘し、これが被害の急速な拡散につながったとしています。このデジタルコードは、NSAから流出したドキュメントに含まれていたものだといいます。ロシア、ウクライナ、インドの被害が特に多いがアメリカに広がっていないのが意外だと思っていたら・・・マイクロソフト社長ブラッド・スミス氏が、米国の諜報機関であるNSAやCIAを激しく批判しています。理由は、マイクロソフトに報告せず諜報活動に利用していたWindowsの脆弱性があったために被害が世界中に拡散されたと言います。



にほんブログ村 バイクブログへにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« topvaluやばいです。 | トップ | 【森友疑惑】本日の小ネタ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL