桜台学童教室 Hive kidsは学童併設型学習塾です

学習塾(東京育伸会)が運営する学童教室!伸びる子への取り組みをご紹介♪

子どもと一緒に成長しよう

2016-10-08 18:14:50 | 日記

初めて子どもを育てる時ってドキドキですよね

泣いている原因がわからなければ、それでオロオロだし

あんまりよく眠っていると、死んじゃったんじゃないか?って

寝息確かめたり^^;

お母さんとしての1年目、そこから今までとは違う

もう一つの自分の人生がスタートです

 

健康にという願いがだんだんステップアップし

子供に夢を託したり、願望を抱いたりする事もありますよね

自分が育って来た経験を振り返り、手探りで我が子に

してあげられる事を一生懸命やって、自分を二の次に

子供優先の長い子育て期を過ごすのですが

その長い時間を振り返った時、後悔ばかりが残るというお母さんは少なくないです

 

子育てに正解はないでしょう

親の性格、子供の性格、そして環境や第三者との出会いなど

複雑な要因がいくつも絡み合い、結果としてその人の心に残るものはそれぞれなのですから

なので

具体的な方法はこれだと言う物はない、そう思っていた方が良い

と言うのが子育て経験から私が得た答えです

ただ

多くの研究者や科学の進歩に伴い、人の心や脳の働きが昔より明確になって来たのも事実です

なので、せっかくなのでそうした事実を知った上で子育てをする事で

効率的であったり、豊かになる事も望めるのかもしれません

 

「10歳の壁」という言葉があります

これは脳の発達による思考力のステップアップについての話ですが

10歳くらいまでの脳の成長とそれ以降の脳の成長に違いがあるという話です

前頭葉がほぼ完成されるのがこの時期とされている事から

それまでに、しておきたい事というものが出てきます

また

「三つ子の魂百まで」という言葉に代表されるように

3歳までに経験させておきたい事もあるのです

 

そうは言っても、身の回りの世話に一杯いっぱいだし、仕事もしなくてはならないし

と言うのが現実でしょう

新米ママには余裕がないのが普通です

頼れる身内が近くにいるどころか、転勤等で見知らぬ土地で子育てをしているママも

いる事でしょう

 

子育てに対する不安や焦りもあるのが当然

とどこかで開き直る事も必要です

そして、子供と一緒に自分も1歳からのスタートだと思えばいいのです

(事実ですしね)

 

子供は成長段階の中で、親に対する態度や考え方を変えていきます

しかし、親は既に形成されている人格を持っているので

子供に対する対応が一辺倒になり易いですよね

なので、子供の成長段階に何が起きているのか、今どの段階なのかを知り

それに合わせて自分も柔軟な対応をする事が必要だと思います

そして、先輩ママ達からのアドバイスをもらったり

同じ月齢のお子さんをお持ちのママ達と情報交換をするなどの

コミュニケーションを計っていくと同時に

専門家のアドバイス等も参考にして行く事でバランスを保つ必要があると思います

先輩ママさんたちから得られるアドバイスは実体験が元になっているので

即効性があります

専門家は長い目で見たときのアドバイスと考える事ができます

 

そして一番間違えてはいけないのは

アドバイスはアドバイスです

自分の家庭に合っているか、判断し情報を選別する事

言われた通りにしていく事が全てではないと言う事です

 

子供と一緒に成長しよう

そう考えて子供と向き合う事で子育てが楽しくなるのではないでしょうか

私は今年で「お母さん年齢28歳」になりました

お母さん年齢1歳の頃を懐かしい気持ちで思い出します

私も後悔ばかりですが、これからも一緒に成長していきたいと思っています^0^

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遊びと学びの融合へ | トップ | 将来を見据えた子育てをしよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。