桜台学童教室 Hive kidsは学童併設型学習塾です

学習塾(東京育伸会)が運営する学童教室!伸びる子への取り組みをご紹介♪

1年生から始める算数教室!

2018-01-14 12:51:58 | 算数教室

残念ながら写真は撮り忘れてしまったのですが

算数教室がスタートしました!

 

参加してくれた生徒さんたちは

いつになくドキドキしているように見えました

特に1年生は学校以外でしっかり勉強するというのは初めてのこと

算数エキスパートに教わるということで

緊張もあり、ワクワクもありと言った感じでした

 

算数教室の1日の流れは・・

高学年も低学年もはじめに100ます計算です

私は低学年の方についていたので高学年はわかりませんが

1年生も2年生に負けじと頑張りました

1年生、100ますをなんと3分代で解けるんですね!

脳をフル回転させている感じが伝わってきます

そして、次

昨日はビルディングパズルを4題、すっごく考えていました

実は去年初め頃、1年生さんにビルディングパズルを教えたことがありました

しかし、その頃にはまだ理解することができず

ほぼ1年ぶりとなるのですが、どうすれば解けるのか?を考えられる力が

しっかり育ち、最後は自力で解くことができました

次に思考力問題⒋題解き

最後に先生の作った問題を1題解きました

とてもユニークかつ考える問題を作ってくれるので

既にスタートから1時間経過していても誰も考えることをやめません

お迎えに来てくれたお母さん達も一緒に楽しんだ問題ですので

今日は特別に問題をご紹介しますね

あくまでも、1・2年生に向けた問題です

 

問題

階段が10段あります。3段上がったら、2段下がるを繰り返しながら

10段登り切るには、何歩必要でしょう。

 

一斉に子供達は考え始めます。

ある1年生さんが、50歩!と答えました

別の生徒さんは別の答えを出しました

サポーターが階段の絵を描いて、みんなが考えやすいようにしてくれ

計算からだけでなく、実際に動かして目で見て理解する方法も促してくれました

「50歩」と答えた1年生さんに「どうして?」と聞くと

「5かける10は50だから」

と説明してくれました

まだ掛け算は習っていないですし、暗記しているわけではないのですが

掛け算の仕組みを既に理解しているのでそう考えたのです

じっくり時間をかけて考えたところで

先生の解説が始まります

みんなキラキラと目を輝かせながら説明を聞いて

「そっか!!」となったところで

「では。階段が12段だったら?15段だったら?と考えてそれを宿題にするよ」

と先生からの通達があり、今日の授業は終わりました。

 

先生の作った問題は今後ここではご紹介できませんが

毎週こうした授業を行います

先生は高学年の授業を中心に指導しています

やはり算数オリンピックや検定そして受験が近いので

難易度の高い問題を扱い、考える力の育成を徹底するからです

 

低学年の生徒さんの場合、まずは算数数字の概念や計算の基礎知識などを

スタディタイムを使い学習します

ご家庭でお子さんの勉強を見るのはどうしても”勉強嫌い”となる傾向が強いので

簡単なことでもなるべく第三者が指導した方が伸び代が広がります

新1年生になる生徒さん達の基礎学習も始まりますので

ぜひご興味を持たれましたらご参加ください

 

来週・再来週は体験授業のご参加もありますので

ぜひお問い合わせください

03−3991−3089 

お気軽にどうぞ

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中学受験の土台を作る | トップ | 勉強の仕方から学んでいこう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

算数教室」カテゴリの最新記事