桜台学童教室 Hive kidsは学童併設型学習塾です

学習塾(東京育伸会)が運営する学童教室!伸びる子への取り組みをご紹介♪

算数工作教室で養う力

2016-10-31 11:28:53 | ワークショップあれこれ

算数工作教室は

未就学クラス(3歳より)    水曜日 14:30〜16:30

小学低学年クラス(4年生まで) 木曜日 15:00〜17:00

 

未就学クラスは親御さんがご一緒に参加されれば、お家でも一緒に作って楽しむ事もできますね

工作をするのは指先の運動にもなりますし、ご家庭ではなかなか出来ない分野でもあります

外で元気に遊ぶ事も大切ですが、たまにはこうした時間を持って考える力を養う遊びも必要だと思います

また、自分で作る事で得られる充実感は工作特有ではないでしょうか

砂場で泥んこ遊びをする児童が次第に山を作ったり、泥だんごを作るのと似ていて

遊びの中から形を知り、数字を知り、考える力を養い、失敗する経験から粘り強さを学びます

一つの事に集中し、夢中になる経験はいずれ学習にも役立ちます

 

現在、時代は 夢を持つ子供 の育成に取掛かっているように思います

ただ機械的に学力を付け、夢も持たずに大人になる事の弱さを危惧し

世界で活躍できるだけの思考力や表現力

自分の意志を持って生きていく強さ

そうした部分を養いながら、学力を付け、物事に対処できる大人へと誘導しているかのようです

高学歴になっても、自ら命を断ってしまう悲しい事件

回避する力を持たないが故に底辺へ落ちていく若者達

今変わるべきなのは、私たち大人なのだと思っています

 

話が飛躍してしまいましたので元に戻します

算数工作教室は机に向かって勉強をするのではなく、道具と材料から何が作れるのか?を

テーマを出してみたり、自分で考えたりして取組んでいきます

材料は、紙パックやペットボトルなど廃材の身近な物から

大きな模造紙やモールやビーズ等を使う事もあります

完成した作品で遊んだり、時にはゲームにしたりと作品を実際に使ってみる事が大切です

大概工作した作品は飾られる事が多いですよね?

しかし、飾っていてはわからない事が沢山あります

接続部分はノリでは弱いな・・尖っていると危ないな・・乱暴にしたら壊れてしまうんだな

そうした事に遊びの中から気付き、改善するという流れが学びに繋がります

 

数字に関しては材料の何が幾つ必要なのか?を予め考えたり

工作の中には数字を使う事が多いですよね

5センチで揃えて作ったら思っていたよりも小さくて、もっと大きな物を想像していたとしたら

何センチで作れば良いのかを考えます

自作でピタゴラスイッチを作ろうと思ったら、重さに付いての知識も付いていくでしょう

未就学さんや小学低学年の内にこうした経験を沢山することで

思考力が広がり、豊かな感性とともに論理力が養われると考えています

また、冬休みは時間を延長した大作作りにも挑戦したいと思っていますので

このブログを時々チェックしてください

カテゴリーは ワークショップあれこれ です

 

ぜひ、楽しみながら学べる

算数工作教室にいらしてください

お問い合わせは

03−3991−3089 担当田中まで

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 説明会・パーティーへのご参... | トップ | 考えるきっかけを作ろう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。