さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

暗いニュースが多かった世界でした…

2015-12-29 10:05:37 | 抜き書き

読売新聞社の読者による 2015年の世界 10大ニュースは、

パリ同時テロ 130人死亡
ネパール大地震 9000人死亡
米・キューバ国交回復

欧州で難民急増
ミャンマー総選挙 NLD が圧勝
独 VW 排ガス不正

英ウィリアム王子の長女誕生
FIFA 汚職疑惑
仏新聞社で銃撃テロ
ギリシャ「反緊縮」運動によるユーロ危機の深刻化 だった。

それぞれのニュースでは、

パリ同時テロでは、 BBC の緊急速報からしばらくネットに縛り付けられたこと
共産党派と会議派とがしのぎを削っているネパールでは、 支援金・義援金は大丈夫?
キューバ国民全体の選択は 歓迎?反対?

イスラム教徒の欧州への大移動は、イスラム勢のスペイン侵攻(8~15世紀)に匹敵する?
アウン・サン・スー・チー氏の政治思想は 何だっけ?人民派?
きっと見てみない振りをする方が多かった VW 社 社内の事情?

英国王室にはなぜか安心 安定感があいますね 階級制度のおかげ?
サッカーの海外ビジネスでは大儲けできるんだ!
イスラム教指導者にはユーモアのセンスはないんだ!
ギリシャ危機では ことわざ One bad apple spoils the barrel を

思ったものでした。
コメント

明るいもの3 暗いもの3 その他4かなー

2015-12-28 06:42:32 | 抜き書き

読売新聞社の読者投票による 今年の10大ニュースは、

大村さん梶田さんのノーベル賞受賞
ラグビー W 杯日本3勝
イスラム国日本人殺害

マイナンバー始まる
関東・東北豪雨 8人死亡
安全保障関連法が成立

北陸新幹線開業
建物の杭データ偽装
TPP 大筋合意
東京五輪エンブレム撤回 だった。

それぞれのニュースに、

二人も受賞とは すごい
ラグビーでは外国人も日本代表になれるんだ すごい
死を覚悟してシリアに入ったんだ

個人番号の導入にはネーミングがよかったのでは
ヘリでの救出機動力 すごい
よくぞ 強引の 条文化

かぶら寿・治部煮・海鮮丼人気かなー
これが土台から損なうということか
勝ったのか負けたのかわからないところがいいのかなー
嘘がまかり通る世の中へのしっぺ返しかなー と
思ったものでした。
コメント

先例があるから 要注意…

2015-12-27 06:57:20 | ダイアリー

一昨日 JTB の方が、なぜ中国人は日本で爆買いか、中国景気はよくないのにもかかわらずなぜ爆買いはなのか、を解説されていた。

日本製品の品質が良いこと + 中国での小売価格に組み込まれている輸入関税、消費税と贅沢税を回避できて安く買えるから、だった。

また、再来日目的の筆頭はショッピングで、ショッピングはツアー(観光+富士山+温泉)に上手に組み込まれているため、ショッピングのバリエーション次第ではツアー人気は 中国人の来日増は 続く との解説であった。

そして、今後は、宿泊施設などへの中国資本の投下もすすむとあった…

海外資本の日本への参入はいいことだが、差別や行政の行き届かない地域化には要注意…


反日にも関わらず韓国人の訪日は年々増加している。これは(在日)韓国人ビジネス、特にサービス、ホテル・飲食・娯楽施設等、への積極的な投資 の成功(最近では携帯通話料まで韓国人特別料金)が、功を奏しているためなのでしょう。

在日や隣国への公的な配慮(徴税、公的住宅入居優先権etc)から彼らへの規制もゆるやかで、来日者数の増大とともに、赤坂、新大久保、伊勢佐木町、川崎浜町、千葉栄町、大阪生野鶴橋?京都東九条、名古屋駅裏、神戸長田、広島駅前、下関・博多・小倉等々には、コリアン・ビジネス・タウンも出来上がったほど。また、韓国での夜の接待ビジネスの取り締まりが厳しくなった2004年からは 韓国人による風俗サービスを求めて 韓国からの来日が多くなっている。

ただ コリアン地域は どこも税務監査は困難で、行政面でも グレー&ブラックタウン。 校区や住居を構えるときには一考を要する地域とされています。

爆買い後にやってくるものには 先例があるだけに 要注意というこtでしょう。
コメント

所詮窮屈な服だけじゃない という気持ちも大事なのでしょうね…

2015-12-26 05:50:17 | 抜き書き

<ときどきそうするように、ぼくはわが身にいいきかせる。人生なんてはかないものだし、美しさにかこまれて、そこそこ静かに暮らしているおまえは運がいいんだぞ、と。ぼくの父はアルコールで身をもちくずし、母は勇ましかったけれど、いつも悲しんでいた。過去は拘束服ではないのだから、ぶつぶつ泣きごとをいってもはじまらない。しかし、苦痛を母乳として育てられてきた人びとにとって、それはひどく窮屈なセーターとなりうるのだ。>ジョナサン・ケラーマン著北澤和彦訳「マーダー・プラン」上P86より

過去に縛られることは日常茶飯事だ。ただ、それが拘束服なのか、窮屈なセーターなのか、やたらと脇の下がきついジャケットなのかは 人によって、また、背負っているものによって違うのでしょう。

後遺症となる過去には、

ケラーマンが書いているように、母親の無関心、父親への怒りから、虐待、両親からの過度な期待、病、身体的な劣等感、運動能力のコンプレックス、知人との喧嘩、絶交、進学、いじめ、犯罪や災害による被害、犯罪、レイプ、失恋、婚約破棄、結婚、育児、離縁、身近な死、ご近所や親せき付き合い、仕事、セクハラ、パワハラ、リストラ、過労、退職、失業、転職、破産、老後、介護などなど数限りがないもの…

ですが、

やり直しがきかない、切り替えに時間がかかる、直すのお金が心もとなくなる、大体が 重なって増えてくるものでしょうから、年とともに、服は皆窮屈になるようだ。

以前、年寄りというと年金との関係などで、65歳以上をさしていたようですが、高齢化社会を迎えて、最近では、年寄りというあいまいな表現は出来るだけ避け、実年齢で人を表すようになってきているという。

でも、持っている窮屈な服の数でも 表せるかも知れませんね。

わたしは八つは 持っているかなー
コメント

怖い話が進んでいます…

2015-12-25 07:54:06 | ダイアリー

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが、ロシアによるシリア空爆は民間人を標的と(軍事的標的のない住宅地や医療施設が攻撃対象と)していて、すでに200人以上が犠牲となっていて、国際犯罪症状 と言い始めています。 一昨日 CNN も大々的に ロシアの犯罪を 報道し始め、昨日は日本でも 少し 報道された。

アムネスティは、ロンドンを拠点に、国際法を順守しながら、死刑廃止・人権擁護・難民支援などの活動を続け、世界に700万人の運動員を持っているといわれている。政治的には中立性を保っているといわれているが、どちらかといえば、言いやすいところでの 活動に偏りがち、シーシェパード的である、との批判がある。このアムネスティが、仕返しを躊躇しない代表国たるロシアを批判したのだから、ロシアの犯罪は 大き過ぎるということでしょう。

昨日ロシアは、地対空ミサイル S400 をシリアに大々的に配備したと報道した。これはシリアの制空権を確保するもので、テロ集団 IS の排除というより、反アサドを標榜する米国主導連合軍やトルコの排除を意図したもので、シリアのロシア領化を進めるものに近いもの。

ロシアのシリア占領化の狙い?

シリア国内の権益確保から 中東全域への支配力の確保へと、目標を変えたことではないでしょうか? 中東の支配力は 石油資源の世界的な支配力につながり、原油価格の下落と米国の石油輸出解禁で下降気味のロシアの資源力外交力を復活できるとの思惑か?

フランスのロシア軍との協調路線は 下降気味の現仏大統領の IS打倒で人気挽回策でしょう。フランスも目的のためには多少の犠牲もやむを得ない政策があるような…まあ、フランスを味方につけたロシアは やりたい放題に 鬼に金棒といったところ。

日本にとって石油は経済・社会の生命線で、中東の石油も 先行き 専制国家 ロシアに握られるということは、ウクライナの窮乏・悲劇も 日本で起こり得るということ。

シリア空爆には要注意…
コメント

味はそのままで…

2015-12-24 06:43:08 | ダイアリー

数日前、昨年 九州でカフェインの摂り過ぎで亡くなっていた方がいた とのニュースがありました。亡くなった方は 深夜勤務の眠気冷ましに、カフェインの入った錠剤や エナジードリンクを恒常的に摂っていて、中毒死に至った、とありました。

エナジードリンクには 依存性を高めるためアルコールも含まれている。 アルコールで緊張度・心拍数・血圧を下げ、カフェインではこれらを上げて、体をいじめることで習慣性を持たせるのが エナジードリンク。 たくさんカフェインを飲まされたのでしょうね。

マグカップ一杯(250㏄)のコーヒーと エナジードリンクに含まれるカフェイン量はほぼ同じですが、いくらコーヒー好きといっても、致死量、短時間に 5リットル、マグカップ 20杯のコーヒーは 普通 無理でしょう。

そんなに飲んだんですね…


中毒死を受けて、TV は街頭で、コーヒーを何杯飲みますか、などを聞いていたが ちょっと違うじゃないと思いました。普通 濃いコーヒーは 時に濃いいインスタントコーヒーは あまり飲みませんよね。 コーヒー摂取恐怖症を煽っているようで お粗末な TV 街頭取材でした。

あったかい、香りが好いコーヒーは、本を読みながら、NFL を見ながら、オールディーズを聞きながら、孫たちの写真を眺めながらなら、何杯も行けそうですよね。そう何杯も飲めるものではありませんが、なにかの拍子に マグカップ 20杯を飲んだとしても、体をいろんなチューブで巻き付けながらじっと横たわって最期を迎えるより、ずっーと マシだと思いません?
コメント

がんばれニッポン…

2015-12-23 07:28:20 | ダイアリー

中国のパワーの誇示や拡大を示す記事が最近多くなってきた。

昨日、中国の外相が欧州で、中国と西欧各国は、中英の金融・外交関係を倣い、今後、中国と親密な関係に乗り出すとの見通し、と述べたという。要は、西側諸国が中国との関係強化に積極的ということです。

これも昨日、機関砲を装備した中国海警局の公船が石垣尖閣諸島の接続水域を航行し始めたという。海警局は、航行の安全と海難救助を目的にするほか警察官のような役割の部局(単純な沿岸警備隊ではない)で、海軍とは異なっていますが、海軍並みの武装組織に変わりつつあるようです。尖閣辺りでは。

中国の 武力で支配海域を広げようという意思の表れでしょう。


先月下旬に、元米情報機関トップの分析官が著した本が出版され、この中に、東アジアは、中東より(経済や技術力が大きいため)大きな戦闘地域になる可能性があるとした点が話題を呼んでいました。

著書では、

①米国がどこまでアジアの安全保障に力を入れるか

②日本は衰退(IMFは、日本は韓国に早晩一人当たりのGDPで抜かれると予想している)し続けるか

③インドが中国と並ぶパワーを持ち得るか

④中国経済が先進国型に脱皮できるか(出来ないと国内の不満の刷毛先に周辺国への挑発を一気に強める可能性大)か を組み合わせ、いくつかの紛争シナリオを示していた。また、中国は、経済が停滞していても、アジアのトップであり続け、中国を中心とした共同体ができるだろう と示していた。


この中国と日本はどう向き合う?

・民社共の言うように すべて話し合いという外交もいいが、話し合いに応じない限界はあるでしょう。 共産党は、同じイデオロギーを共有しておきながら 話し合いどころが交流もない相手です。他の手も考えなくてはならない といことでしょう。

・戦争リスクを排除するため、すべてに屈服するのもいいが、人間ならば、現実的ではないでしょう。

・強大な力には、米という警察官が消えかかっている現状では、日本のような国は、同じ脅威を感じる仲間と、集団で安全保障を構えるのが普通でしょう。

・経済力で対抗し(豪韓と連携すればいいのでしょうが、中韓は反日で、中韓と中豪とはFTAで結ばれていて、連携には限度あり、日本はTPPで)、存在感をアピールするのが現実的ということでしょう。

来年こそはアベノミクス、TPP 順調に進むといいですね。

コメント

地軸も巨大地震で動くこともありますが…

2015-12-22 05:48:37 | be short

今日は冬至で一番日が短い日。明日から日は長く、明るくなる毎日です。

だから今日を年のスタートとしてもいいのでは?

四季も、
春は、冬至から春分までで、メリハリは心新たに人との出会いを大切にする時節
夏は、春分から夏至までで、勉学に仕事に励む候
秋は、夏至から秋分までで、体や心を休めるとき
冬は、秋分から冬至までで、勉学や仕事の収穫期 とすると、

年間のリセットは今までよりも周期的…

この季節感、地球温暖化の時代で増えるのでは?
コメント

コンビニが流行るわけがわかってきた…

2015-12-21 06:45:15 | be short

昨日フランス菓子店へ行ったら、大混雑と手のひらサイズのケーキがびっくりするほどの価格で、しかも飛ぶように売れていて、驚いた。何も買わずに退散した。

スーパーに行ったら、ここではお父さんが買い物についてくる夫婦ペアーで 混んでいた。

クリスマス・ディナーの丸鶏が、手頃な価格を考えてのことでしょうか、小さくて驚いた。

格差は広がっているのでは…

最近は 日々の気温差も大きいようだ。

株価チャートの分析の一つに、三角持合いパターンがある。価格の上下動は次第に収束するもの + 収束後は価格の上下動前の価格のトレンド(前年比や前期比の移動平均などで計測)に従う形で価格は動く、とするものです。

分析可能なように、予想可能、掌握可能、対策可能なように、それぞれの格差は 収まってほしいものですね…
コメント

What a wonderful world.

2015-12-20 06:11:12 | be short

えっ!まだダリアが咲いている。咲き始めと変わらずに…

公園からの帰り道、介護施設から、すごい!よくできたわね、パチパチ、と聞こえてきた。

15 歳から男勝りの運動量と、そう、あの目にもとまらぬボレー・シュートで、なでしこを世界一にした澤選手が、引退表明後も、皇后杯全日本女子選手権フル出場という。

最期まで愛されたい、頑張りたい方々へは、応援したい、後押したい、支えたい…

美しいとは、生きることへの こだわりでしょうか…
コメント