さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

花冷え

2008-03-31 12:02:27 | デジャヴ
桜が
マフラーを巻いているように
見えませんか?

マフラーといえば

沢山もっているのにもかかわらず
色柄がいいから
肌触りがいいから
ブランド品がいいから
安いからと
ついつい買いたくなってしまう

戦後の荒廃から
高度成長期に育ったせいで
毎年
まわりにものが増える生活になれ
ものを増やすことに
必要以上に持つことに
違和感がなくなったようだ...

花冷えの日は
やはり
外出を
控えたほうが良さそうだ
コメント

葉桜

2008-03-30 11:09:14 | 花一匁
華やかさの
ソメイヨシノとは
一味違う
葉桜

色とりどりで
光が踊る
春そのもの...

趣のかわる
桜の下での花見も
また
いいものだ

団子より花の観賞で
毎日が
花見の生活も
いいものだ
コメント

満開

2008-03-29 09:42:51 | デジャヴ
桜は
もう満開

開花からの
満開までの
この速さ
四月までに散ってしまいそう

米国経済の減速と
日米金利差の縮小で
ドルの百円割れは続きそう

デフレ経済脱け出せず
内需も苦戦となると
来期の企業業績は
ベストで横ばいか...

何とが来期までもって欲しいと
願いを込めて
今日も出かける
お花見
満開チェック
コメント

ランⅧ

2008-03-28 17:49:17 | 花一匁
ランの花まで
「桜が見頃」と
桜色


特に
ソメイヨシノは
淡紅色が
満開に近づくにつれて
白くなり
遠目には灰色ぽっくみえてくる

新しい年度の
スタートも
華やかさの中に
憂いあり...

この週末の
花見は
まさに
ベストタイミング
コメント

3月下14

2008-03-27 12:49:07 | 時の花
怒りで
花までが黒ずんでいます

一昨日
高校を卒業したばかりの男が
駅のプラットフォームで
見ず知らずの人を
突き落とし
殺した

犯行動機は
経済的な事情で進学出来なった
就職先が見つからなかった
刑務に行きたかった
そうだ

家庭環境や
いじめを受けた体験で
親も先生も信じられず
将来を悲観したのだろうが
将来を悲観
不安視しない者がいるだろうか?

10時過ぎまで残業していた
被害者のことを思うと
行き場のない怒りがこみ上げる
コメント

サンシュユ

2008-03-26 17:36:28 | 花一匁
サンシュユから
空を見上げると
古代の
太陽崇拝と
対峙する
陰陽思想を思い出す

エジプト・メソポタミア・
インド・ギリシャ・ヤマト・インカなど
多くの地域では
恵みをもたらす
太陽は
神格化され崇拝されていたが

中国では

世の中は
陰と陽の
対等で同等の二つの気で成り立っていて
それぞれ相変化・調和して
動くと考えられていた

沈む時もある太陽に対して
陰陽思想は全日制
しかも
世の中は
絶対者ではなく
対立者とのバランスで動くとする
優れもの

胡さん温さん
どうだろう
チベット騒乱は
陰陽思想復活のいいチャンス...
コメント

ハナニラⅡ

2008-03-25 09:05:58 | 花一匁
ハナニラ
植えっぱなしでも
病なく

白い
星のような
花が咲く

健康でさえあれば
季節は
巡って
花が咲く...
コメント

サガリバナ

2008-03-24 16:48:41 | 草合はせ
サガリバナの
葉脈が
アカ筋を立てて
怒っている

憤慨といえば

昨日の
土浦荒川沖駅での殺傷事件と
不甲斐ない警察の警備と
一年前
英語講師リンゼイさんを殺した
犯人を目の前で取り逃がした
警察の失態

母から子供に伝えられる
戒め
「悪い人は必ず
お巡りさんが捕まえる」
「悪いことをしたら必ず
お巡りさんがやってくる」が

過去のものと
ならないように祈るだけ...
コメント

大寒桜

2008-03-23 11:36:48 | 花一匁
大寒桜
丁度
寒桜と染井吉野の
間に咲く

間といえば
隙間市場

既存の商品やサービスに収まらない
需要で
特に
価値観の見直しや
個性重視の風潮を追い風に
伸びていた
市場

商品やサービスのカスタマイズ化で
隙間は
だんだん狭くなってきたが
過度な欲望や執着を
煽るものが増え

逆に
心の隙間を広げている
残しておきたい夢も減る

隙間もの
規模が小さいわけがある...
コメント

3月下13

2008-03-22 08:54:26 | 時の花
涙のような
しずくでした...

鹿児島で
「生活が苦しいから殺して欲しい」といった
81歳の妻を
絞殺した
夫67歳が
「死にきれなかった」といって自首してきた
報道があった

ゲーテのファウストと
膨らみ続ける財政赤字とが思い浮かんだ

国には許される無制限な借金が
なぜ国民には許されないのか

行政の魂は公僕
総論でも各論でも
行政は国民に奉仕するもので
為政者と
悪魔に魂を売り渡したファウストとが重なった

世の中の不条理に
涙する
コメント