さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

田沢湖10月

2006-10-31 09:41:09 | あはれ
海面下の深さでの
辰子伝説での
酸性水が流れ込んだ


水深で
湖面の青さが変化する
玉川温泉からの流水で
鱒が死に絶えた
美しい娘が湖水を飲んで
龍となり
住んでいる


三つの話が妙に
合わさって
普通でない
雰囲気を醸し出している
ここは
やっぱり
暑い季節の観光地
コメント

10月下Ⅴ

2006-10-30 08:09:44 | 時の花
野に光る
小菊のさまは
東方の三賢人を連想させる

エルサレムの東方だから
中東の方々だろう
その三人が
星の様子や導きで
イエスキリストの誕生を知り
その誕生の地を訪ねたという
昔から
よい知らせは
星に空にあるようだ

テレビを消して
夜空を眺めるのもよし
昼は眼をつぶって
内なる空を訪ねるのもよし
そんな気にさせる
小菊の光であった
コメント

残りもの

2006-10-28 11:15:02 | デジャヴ
空き地に
今年も
薔薇が咲き出した

精一杯の
寂しさが...
怒り 孤独 恐怖が
伝わってくる

残りもの
余りものへの評価と価値は
豊かさの
文明進化の
バロメーター

何時になったら
荒地を照らす薔薇と
なるのだろう
コメント

10月下Ⅳ

2006-10-27 08:43:12 | 時の花
コスモスが
みな同じ色

日本ハムが
優勝した
漁船襲撃で沈んだ
北海道が元気になる
ヒルマン監督の
手帳管理が面白い
選手の個性を許す
チームカラーが好い

コクモスも
今日は
ハムの色で
祝ってる
コメント

10月下Ⅲ

2006-10-26 09:34:10 | 時の花
小菊が
からくりの歯車のように
噛み合っている

からくりは
楽しいが
教育現場では
いけないようだ

責任回避のため
批判リスクに対処するため
前例主義のからくりで
マニュアル通りに教える教師が増えている

最近の脳の研究に
「ビデオのマニュアル学習は教師の対面実習にはおよばない」とある

ヒューマンな教師が良いようだ
勝ち負けのない現場が良いようだ
コメント

槿Ⅲ

2006-10-25 08:38:31 | 花一匁
クシャクシャだが
上手く収めている
気品も感じられる

物事がうまく運ばず
気分が滅入ると
八つ当たり
勝ちだ
作家は原稿用紙に
経営者はゴルフボールに
捌け口を
叩きつける

気分の
クシャクシャも
上手に
紙やボールまでに
納めるのが好いようだ
コメント

10月下Ⅱ

2006-10-24 08:39:49 | 時の花
街中の草花は
外壁と道路の
家々の間の
わずかな
隙間に
生きている

手入れ次第で
咲く様は
住んでおられる方や
その性格
時には
風貌まで映し出す

ここには
白髪の方がいらっしゃる...
小菊が
色を抑えている教えてる
コメント

10月下Ⅰ

2006-10-23 08:39:16 | 時の花
種は
蒔かれたのだろうか
飛んできたのだろうか
堤防に
「寄り添って」咲いていた

河川敷は
空が大きく
車はなく
四季の移ろいがあって
リラックスに絶好だが
増え続ける
ホームレスの青テントに
現政の「放置」を見るようで
河川敷への足は重い

海外で
ドイツの放送局が
豊かな国日本を取材した番組を見たことがある
番組は
数年前まで会社を経営していた
ホームレスを引き合いに出して
何十年も過去に税金を納めてきた人を
このように「放置する」ことは
ドイツでは考えられないと結んでいた

的を得ているので
「税金とは別の料金」を払わされている
NHKでも放送されると期待したが
無かった
これも「放置」というのだろう

放置の国では
冬の厳しさは他国以上だ
何かしたくても出来ない自分が嫌になる
秋がまた来てしまった
コメント

菊Ⅶ

2006-10-22 09:56:23 | 花一匁
小菊に
肝臓があるとしたら
手のひらが赤く
少し心配です

大概の場合
ストレスでタバコやお酒を飲む
「飲まずにいられない」が普通だ
この組み合わせと繰り返しが
時に
肝細胞の再生力を上回り
肝硬変や肝炎へつながる

手足のむくみや濃い尿もあれば
早めにお医者さんに行った方が
いいかもしれない
年末の飲み会を控えて
今が検診のタイミング
コメント

薔薇15

2006-10-21 10:04:46 | 花一匁
壊れそうな
「温かさ」の黄色です

債権者会議で
人退無しの再建案を説明する
社長さん
背広の下に黄のチョッキが
覗いていました
ヴェルテルのチョッキです

ゲーテの
「若きヴェルテルの悩み」は
理想を求める
市民ヴェルテルが
かなわぬ恋と
身分社会に
行き場を失い
孤独と絶望の中で
命を絶つ
悲しい物語ですが
18-19世紀に
多感な青年の間で
このヴェルテルのチョッキが流行りました

「若きヴェルテルの悩み」から
黄のチョッキは
「理想社会」を心に持つ者を現しているようです

「重たい」万年バラ園も
黄が主役とは...
変化の兆し...
来年五月が「待ち遠しい」
コメント