さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

8月下Ⅵ

2006-08-31 08:20:14 | 時の花
雑草を諸共せず
咲いている
発色が群を抜いている

フィリピン奥地で毎日
細菌や回虫の卵だらけの池で遊ぶ子と
東京の子供たちと
健康を比較した結果
フィリピンの子供たちの完勝であったと
ドクターは言っていた

育った環境や境遇で全ての事を
説明する風潮が見られるが
生き物とは
人間とは
そんなに弱いものなのだろうか

コメント

時計草Ⅱ

2006-08-30 08:44:51 | 花一匁
「これは」
ルソーのジャングルにありそうな花だと思ったら
やはりブラジルが原産とありました
そういえば
リオのカーニバルで踊る女性の飾りに似ています

パァッとしないこの時期は
時計草の暗示にかかって
踊ってみるのも一手かも...
カラオケボックスが
無難でしょう

時計草を日本に持ち込んだ先見者に乾杯です
コメント

時計草Ⅰ

2006-08-29 09:04:01 | 花一匁
歯車の組み合わせのようです
今にも動き出しそう

風吹けば
歯車まわり
蝶や蜂は目を回し
よろけて花粉を体に付ける...
この仮説
行けるかどうか
風吹くまで見ていよう
コメント

リセット

2006-08-28 17:00:58 | デジャヴ
長らく空を見上げていなかった
ベンチにひじあてが出来て
楽に座れるようになったおかげだ

気分転換には
読書や映画もいいが
空を見るのもいいものだ
周りに人気がないのを見計らって
空に
昨日あった話をしてみる

自分の「至らなさ」がおかしくなる
「馬鹿だね」
コメント

8月下Ⅴ

2006-08-27 09:11:10 | 時の花
夕刻
石垣に咲いていた
ふらっとして
石垣に手を付かなければ
気が付かなかった
多くの花が
店仕舞う時
蕾も膨らませ
元気一杯だ

一直線やスピードの世でも
道草したり
フラフラして行くのもいいものだ
新たな楽しみや発見もある

夕暮時の‘振'発見
コメント

向日葵Ⅲ

2006-08-26 09:39:03 | 花一匁
向日葵を見ていたら
ユー アー マイ サンシャインが出てきた

You are my sunshine my only sunshine.
You make me happy when skies are grey.
You'll never know, dear, how much I love you.
Please don't take my sunshine away.
君は僕の太陽だ
曇り空で滅入っている時 君は僕を明るく幸せにしてくれる
どんなに僕が君を好いているか 分からないだろうなぁ
神様どうか私の太陽を奪い取らないで下さい
と自己流に訳してます
戦前アメリカで出来た歌ですが
スムーズなフレーズとメロディーが好きです

思い出しました
困った時よく口ずさみました
向日葵を見ていたら次第に気分がよくなりました
コメント

8月下Ⅳ

2006-08-25 08:52:40 | 時の花
こんなに
茎が細いのだから
「不退転の決意」で
花を咲かせているに違いない
決意がみえるようで
先が光っている

横浜FCマリノスの岡田監督が辞任した
「退路を断って頑張ったが結果は出なかった」のような弁だった
退路を断つといえば
小泉首相と昨夏の郵政民営化選挙を思い出す
上に立つものは
不退転の決意で事に望むものだから
ポイントは
事の前に退路を断つ決意を公言するかどうか
結果が不出来の場合に、前言通りに身を処すかどうか
だろう...

細い茎に大きな花房を載せているのに
小泉さんにも岡田さんにも
驚くほどだから
「不退転の決意」は
残念ながら
公言無し責任無しが
今の標準なのだろう
コメント

夾竹桃

2006-08-24 08:46:25 | 花一匁
工場内に街路樹として
植えられていた

夏場の昼休み
夾竹桃の下で
横になっているシャツ姿の作業員
ズボンの油染み 
作業帽の汗染み
コンクリートの輻射熱は 
工務を語っている

誰が
今の日本を作ったか
夾竹桃は問うている
コメント

8月下Ⅲ

2006-08-23 08:28:33 | 時の花
廃材置き場です
環境はよくないが
しっかり
咲いている

見ていたら
元気が出てきた
コメント

8月下Ⅱ

2006-08-22 08:28:33 | 時の花
枝豆畑の横に
咲いていました
雲丹のようです

雲丹の軍艦巻きか...
枝豆にビールもいいが
握りに日本茶もいい

真夏のヨの夢
点滴生活の夢
コメント