さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

広告

2005-10-31 19:35:40 | Weblog
 広告を見て「買いたい」と思うより、大金を気前よく払う広告主に感心する。経済新聞をとっているが、金曜から週末にかけての折り込み広告は9割方が不動産、特に、新築マンションの広告で、束のまま、見もせずに物置へ持って行く。TVコマーシャルも多過ぎる。コマーシャルの都度、数あるチャンネルをサーフィンする。番組が期待外れだと、コマーシャルを機にTVをビデオ映画に切替える。雑誌を読み始める。欧米の保険会社はTV広告で契約数を大幅に伸ばしたが、他の業界・企業はTVコマーシャルで、販売実績を上げているのだろうか?
 一時、洗剤メーカーが比較広告をしていたがいつの間にか無くなった。「他社商品との差、魅力の尺度を明示にして、商品への関心を呼び、購入動機を促す」とするのが広告の本家、米国流コマーシャルだが、日本では業界の自粛規制でもあるのだろう、比較広告は少ない。「商品を使用するとすばらしい世界が開けます」といったムード広告が大半だ。ある意味で、顧客を馬鹿にしている。ムードがテーマとなると商品やサービスの専門知識のない広告代理店でも色々な広告アイディアを出してくる。代理店の手口はマーケティングと称して、先ず結論ありきの調査をして、大金を投入する広告主を「広告の効果あり」と安心させる。広告主、広告代理店、メディア、制作会社がお互いに甘く連鎖して一大広告天国日本を作っている。しかし誰が最終的に広告宣伝費用を負担しているのだろう?消費者不在の広告業界は、まるで国民不在の政官業一体政治のように映ってくる。
 大企業の実効税率はまだ、欧米比、10%ほど高いといわれている。外資系法人は親会社との水増し商取引や役員の退職金支払いなどで節税は可能だが、国内企業は事業の永続性を前提とするため、容易な節税は難しい。設備・人・在庫が過剰な会社では、以前は接待費で、今は広告宣伝費で節税に努めているようだ。接待費も広告も効果があれば、売上増、利益増で株主にも従業員にも将来還元できるとすると、税金として公務員、特に事務系の役人給料に消えるよりいいかもしれない。ストをすれば会社が潰れる恐れある状況下、スト権がないことで身分は保証され、生涯報酬は民間より上の公務員は恵まれている。税を取り立てたら取り立てに要する人件費の方が高くつくと、国税庁は専らサラリーマンと大企業に税負担させている。税の使い道に、負担に不満ある。この不満がTVに新聞等にあふれる広告宣伝の元凶だろう、といえないか。
 税への不満表明で、折り込み広告やTVコマーシャルが多量に行われているのなら、なんとなく納得だが、資源の無駄にならぬよう、広告効果が上がるよう広告代理店には頑張って、消費者の知りたいものを広告して欲しい。寄付はどうだろう。歴史を動かすエネルギーは「自分ではどうしようもない障害や環境にある弱者に、救いを差し延べることから発せられる」と著名な歴史家が言っていた。米国ほどではないが、寄付行為に税額控除が認められている。寄付と称する詐欺まがいが横行し、寄付金が助けを必要とするところに行くかどうかがいつも問題だが、役所からの補助金より、公務員の管理人件費がかからない寄付の方が、効率的だろう。寄付先の公益法人を選択、推薦する広告代理店があってもいいだろう。コマーシャルで企業イメージを損なうことはありえるが、寄付行為ではありえない。昨夜ビデオで、綴り方兄弟を見て涙した
コメント

薔薇Ⅴ

2005-10-30 08:12:44 | 花一匁
紅白も程よく合うとこんな色
おめでとうの最上級
誰の襟元 飾るのやら

手際の悪い看護士さん 見かねて声をかける担当医
うりざね顔の彼女には 思い入れと ああ勘違い
顔が ほんのり上気する

コメント

2005-10-29 19:13:53 | Weblog
 自分が、現実が晒されているようで、鏡は好きではなかった。以前からだから、髪が薄い、染み雀斑に黒子が目立つとかいう醜形恐怖からではない、と思う。白雪姫、魔法の鏡シンドロームもあっただろうか。ローン・レンジャーのような男になりたいと思っていた頃、泊まりに行った家の鏡の前で、小母さんに「女の子みたい」と言われてトラウマとなってしまった。鏡は女性の物という意味で言われたのかどうかはっきりしなかったが、鏡は自分の夢を消してしまう、邪心も映し出してしまう恐ろしいものとなった。その後、勿怪の幸いに、急に背が伸びて家の洗面所の鏡には顔が映らなくなった。髪の毛の寝癖も学帽でごまかせた。
 ジェノアを旅した時、急に寒くなってオーバー・コートが欲しくなった。イタリア人に案内してもらった店で、黒いウールのコート、ウェストが絞ってあって襟上半分がビロード、少し光っていたものを試着した。鏡の前に立つと皆、拍手してくれた。迷ったが買ってしまった。しかし、日本で着ることはなかった。イタリア人は、ミラノには特に着道楽が多い。文化と言われているが、知人の再婚の苦話を聞くと、教会の離婚許可が難しく、皆、結婚に慎重になっていることが着道楽の遠因であるように思えた。種々の社内恋愛もあり、小さな事務所でも、朝一番のエスプレッソはこの辺りの噂で盛り上がる。恋愛の機会から、恋愛期間の長さから、既婚者未婚者、身なりにお金をかけるとみた。違うかな?イタリア男性は夕方、鏡を前に髭をそり、元気に陽気に退社する。
 心理学の授業をとってから自分はうつ病ではないかと思うようになった。自分は人に不快を与え、他人に軽蔑されている、除け者にされている、と思い当たるようになっていった。教授の教え方が上手かったのだろう。狭い所でお互い助け合いながら生きてきた日本人、自分も、殊の外、共生の意識と時間への拘りが強く、鬱になりやすい。テンポの速いこの時代、人の集まる職場・学校の外、家庭にまでストレスやパニックが襲ってくる。日本人男性、中高年に自殺が多いという。うつ病と自殺の関係はどれほどか分からないが、自分は除け者、不用な者と思う自殺者は多いだろう。「鏡をよく見て、結構男前ではないではないか」と呼びかけたい。日本人ビジネスマンが紺や灰色の地味なスーツを好むのは、無難という言葉に甘えてしまい、手抜きのチョイスで済ませしまうからだろう。今度は、店員が、鏡の前で拍手のスーツを買ってみてはどうだろうか?鏡がもっと身近にあってもいいだろう。
 恋のほかにもイタリア人は積極的で情熱的。レストランでの会話も熱が入ると喧嘩をしているように聞こえるほどだ。イタリア男性の夕べの元気は、身繕いと鏡が原点だ。鏡は顔かたち健康だけを映し出すものではない。元気まで与えてくれると教えてくれる。日常の不快な思いに、鏡を見るのはお奨めだ。鏡も女性だけのものではもったいない。新しい服を着て、綿パンにスポーツシャツでもいいだろう、細めに映る魔法の鏡があれば、もっといい。元気になることは請け合いだ。明日、ジェノアのコートを着てみよう。鏡の前で、ポーズして、逆療法?馬鹿な自分を晒し出し、思い出し、久しぶりに笑ってみるのもいいだろう
コメント

薔薇Ⅳ

2005-10-28 07:53:43 | 花一匁
少々の横槍も 何のその 
難題の コンパック買収を 挙行した
華麗な闘士 フィオリーナ

急ぎの仕事 断らず
休みも取らず 黙って続けて 夜の九時
夜行バスに飛び乗って 案ずる秋田の弟 今危篤
コメント

切手

2005-10-27 19:39:59 | Weblog
 結構自分勝手だから、好いとも悪いとも言ってこないのをいいことに、知人や子供たちにデジカメ写真を送っている。有難迷惑だろうと思いつつ、50円、80円の切手を買いに行く。残念なのは、切手の絵図が鳥一羽で、少し寂しいことだ。年末には海外からのX’masカードの切手が楽しみだ。「おめでとう」が小さなスペースにあふれている。昔、切手を集めていたことを思い出し、押入れを探してみた。絵柄のオモロイ切手を探してみた。切手を集めていたのは小学生の頃。お互いの切手帳を見せ合って、交換して、交換後損得カンジョウに浸っていたのを思い出した。皆、切手を玩具屋、駄菓子屋で売っていた紙パケットで買っていたから、残念ながら未使用ものや高価なものはなかった。
 切手が生まれてまだ160年ほどだが、手っ取り早い国家の財源として、毎年世界で一万種、日本でも80種が発行されているという。珍しいから、綺麗だからといって、集めていては時間もお金も続かない。切手収集家はテーマを絞り、収集を続けているというが、大変だろう。供給が年々大きくなり需要は専門分野化しているから、切手購買は先細り、収集家は増えることはないだろう。漸減傾向の収集対象である記念切手の代わりに、もう少し普通切手を増やしてみても面白い。
 国名と額面金額がマスト表示の有価証券、切手にも、戦時中、政治的スローガン、戦意高揚、抗戦建国などが込められた。国家の威信もかける切手の企画、デザイン、技法だから、今、メッセージを込めることは簡単だろう。アメリカのLOVE切手、スウェーデンのYES,NO切手の例があり、日本でもシール式グリーティング切手が売られていた。50円80円の普通切手に、メッセージが入るバリエーションものを作ってみてはどうだろう。
 現代はスピードの時代で、うかうかしているとショウキを逃してしまうのだ。特に、若い人の間ではメールや携帯電話による、ハヤイ軽い表現のコミュニケーションが主流である。言葉遣いも擬音、短縮語、流行語が多く、分からないと時代遅れと判を押す。先日、手紙を書いていると、Eメールで済むものを「何故手紙」と女房が不思議がる。古いのだろうか、手紙では時候の挨拶に人柄が、本題に誠意が、結びに決意が入ると考える。知人友人に人柄は周知で、敢えて知らしむるにあらず、といえばそれまでだが、手紙や葉書を書く時間と相手に誠意・真意を伝える価値とを、時には、天秤にかけて欲しい。手紙・葉書はスピードの時代だからこそ価値がある。手紙、葉書に貼る切手にも、メッセージを載せてみたら、乙なもの。母の日に有難う切手、ビジネスレターに握手の切手、単身赴任のお父さんの帰京葉書にLOVE切手が好いだろう。メッセージ切手が次世代の子らの収集になる、ぬくもり社会が来たらいい

コメント

薔薇Ⅲ

2005-10-26 07:41:40 | 花一匁
奥ゆかしくて 初々しい このさっぱり感は
青いターバンの女 のよう 
同じ重商の 社会の中

神学部図書室 通う席は窓際だ
背筋をのばし読書する 彼女の集中と厳しさに 
近寄り難い 光あり
コメント

空港

2005-10-25 15:01:15 | Weblog
 集合時間が食事時にあたるツアー旅行の場合は特に、出はじめから、質素倹約を旨とする母から念を押された「空港はものが高いから」と。仕方がない。空港までの道すがら、スーパーでサンドイッチと牛乳パックを買って行った。チェックインとエミグレーション後、ジャンボ機が窓越し見える休憩ベンチで「両替はここ成田でするか現地の方が有利か」をじっくり話し合い、サンドイッチを頬張った。食べ終わり、辺りを見回すと、読書の男の子の膝を枕に若い女の子がおなかを出して寝そべっていた。きっとペアで旅行しているのだろう。日本人ペアには、お揃いのシャツやバッグ組が多いが、外国人の場合は、若い人に限らずお互いに体を寄せ合っている。文化の違いは面白い。
 外国の空港では、時々、秘書を連れて、なにやら口述しながら旅するエグゼクティブも見かける。きっと秘書の時給がびっくりするほど高いのだろう。大方のビジスマンは一人で旅している。ジーンズを穿いて、待ち時間を、軽食を摂ったりペーパーバッグを読んだり、リラックスして過ごしている。足を組んでいても様になっている。真似して足を組むと組んだ足が下に降りずに横の人の邪魔になる。これが分かってから人出の空港では足を組まないようにした。海外駐在の日本人でも、旅は二人連れ、スーツにネクタイ姿が多い。上司に付き合ってビールを飲んでいる。くつろいでいるというより、社内接待だ。土産品探しで免税店を忙しげに回っている。時間を有効に使っているといえばそう言えなくもないが、見ている方も疲れてしまうほどだから、気の毒だ。
 外国でのビジネス会食は、フランス料理の場合、最悪の3時間コースもあり、会話がもたずに大変だ。仕事の話は手短だし、黙ってワインを飲んでいると飲みすぎで倒れてしまう。趣味を持ち、しかも相手も同じ趣味なら楽しい時間となるのだが、そうはならない。学生時代は結構色々好きなこと、趣味・スポーツをやっていた人でも、社会人となって、残業や休日出勤が評価されると、自分の時間を削ったり、趣味を持たないことが自慢となったりするからだ。苦し紛れに「帰宅後、風呂、飯、寝る、の三つの言葉で足りるのだ」などと普段の生活を笑い話に持ち出すと、女性蔑視と受け取られ、後々厄介なことになる。異文化の話題は私生活より歴史やお国自慢であることが多い。日本の歴史は侵略ものだ、日本は軍事国家に向かっているとするマスコミ報道を信じて、日本に無関心であり過ぎ、知らな過ぎた。「..人と話した時、日本批判があったが、あなたはどう思うか」などと言われても不勉強で何も言えない。誰も批判、非難しないことが大事だと教わり、自分もそう思っていたが、どうも違っていたようだ。いいコでいることは、自分の考えを持っていない、はっきりものが言えない人間だと思われがちで、信用されないのだ。
 定年後、仕事にかかわる経験・知識・知人以外何もなかった自分に、私生活を充実させなかった自分に呆然とする。今の若い人は親父の背中を見ずに、親父が見せなかったからだと思うが、結構、自由に育ってきた。勉強も学校だけじゃない生涯にわたるものと気長にやっている。発想も考えも仕事一途ではなく自由で広いのがよい。手足も長い。規範意識をもう少し持てば、満点ビジネスマンだ。欧米流の全てが手本ではないが、自分の尺度・世界を大切にする様は、個々の人間性を問われるビジネス最前線では大きな武器だ。お袋はサンドイッチの空港で「今からでも遅くない、よそ行きではなく自分流、自分の考えで、ゆったりゆっくり行きましょう」と教えてくれていたのだろうか。女房にいまさら膝枕させることなど考えもつかないが、あの場所も亡母が意識して選んだベンチだったのかも知れない、と今になって思うのだ
コメント

薔薇Ⅱ

2005-10-24 08:39:55 | 花一匁
マリリンも ダイアナ妃も 二人とも
今度は 天上界で 開花して 
エルトン・ジョンの 詩のあと

プレトリア ピアノバーの 歌姫は 
昼間は 鉱山会社の受付嬢
酒豪で 陽気で 小金持ち
コメント

眼鏡

2005-10-23 15:03:52 | Weblog
 40歳までは母親似だと思っていた。細身で髪はふさふさしていた。しかし、年々ウェストが太くなり、髪が急に薄くなり、残念でした、父親似を確信した。女房は何かにつけ「騙された」と繰り返す。国語の成績が悪く、読書を薦められた機会に本を読むようになった。狙いは外れ、勉強時間が無くなって全科目の成績が落ちた。おまけに眼鏡も必要になった。薄暗がりで、寝ッ転がって、本を読んでも、母親似だかから、目は悪くならないと思ったのが間違いだった。
 学生時代、今のようなフレームチョイスはなく、しかも予算内で買える眼鏡は限れていた。眼鏡をかけるとオヤジに見えたり、運動し難かったりしたので、眼鏡はかけたり外したりしていた。眼鏡がずれ落ちたのは鼻が低いためだろう。机の上に置いておいた眼鏡がなくなったとき、近・乱視レンズの眼鏡を誰が持って行くのか、不思議な気がして、一ヶ月も探した。やむなく購入した眼鏡は、値の張る薄手のレンズにしたから、フレームは廉価の黒ぶちだった。格好をつけて会社の面接試験には眼鏡を外して行った。かけたり外したりを繰り返し、近眼、乱視が更にすすんでいった。
 社会人となって背広の次に眼鏡を買い替えた。下半分がフレームレスのナイロール、薄い青色レンズのものを買った。青色は顔に凹凸をつけ、軽くて気に入った眼鏡だったが、外車のセールスマンのようだと言われてがっかりした。30年前、目の奥に強烈な痛みを感じるようになった。医者に行っても原因が分からず仕舞いだった。有休を使い果たし無給休暇に入った。痛みを我慢して出社すると、女子社員が「無給休暇を欠勤扱いとしていいか課長に聞いて来いといわれました」という。「規則だからいいよ」というが「欠勤だ」と直接言わない課長を「ジャパニーズ」とあだ名した。欧米人に日本人嫌いが結構多い。「世界中に紐の付かないお金をこれだけまいているのに何故嫌われる」と不思議だが、日本人が自慢する機転・機知・上策を卑怯なやり方と見るむきが多いし、謙遜・思いやりの表現と意図する間接話法や人を介する対話を、物事を曖昧とさせるもの、逃げ口上・責任転嫁で失礼だと誤解する。理由を述べて、はっきりものを言う今の若い人にこれからの日本を期待したい。白内障と軽い緑内障だとは言われたが、特別な鎮痛剤を飲み続け、眼鏡を変えたら痛みは治まっていった。あの神がかりな眼鏡はもうないが、眼鏡を替えるたびにあの痛みを思い出す。ぶり返さないように祈るのだ。
 今はコンタクトレンズが進んで、使い捨ても手ごろな値段だという。いい世の中だ。運悪く眼鏡が必要な父親似となっても、眼鏡で外見を、行動範囲を、休暇を、振り回されずに済む。コンタクトで、もって生まれた顔、自分で作ってきた顔で堂々勝負が出来るのだ。目は大切だ。世界の目も意識し、反省すべきものは反省して、自シンを持って進んで行こう。今の眼鏡は細めの金属枠。「その眼鏡は顔かたちがそのまま見えるから買い替えたら良い」と女房は言う。どうしたらよいか迷っている

コメント

薔薇Ⅰ

2005-10-22 10:16:19 | 花一匁
手をかざし 眩しすぎる太陽を さえぎる姿
地中海の 孤高な 女王陛下 に見えてくる

OBを連発し やっとたどり着いた グリーン上
「ゆっくり時間をかけてパットして」と微笑む余裕の女医さんに
渡し忘れたチョコレート ゴルフバッグにもう2年
コメント