さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

情けなや 情けなや~

2017-03-21 10:29:34 | ダイアリー

私立認定こども園で定員超過、とのニュースに、認定こども園と名付ける私立保育園とは名付けた経営者はセールス上手だなと思ったが、認定こども園とは、幼稚園と保育所の機能を併せ持つものでした。

忘れていた・・・

私立といえども、諸手続きは自治体を通して行わねばならないと監督されている認可施設でもありました。

そういえば、子育て支援や保育園不足から、何で保育園と幼稚園は一元的に運営されないのだろうとの疑問に、厚労省と文科省が協議して、野田政権時代に作った施設でした。

思い出しました・・・


今回のニュースにあったのは、姫路にある“わんずまざー保育園”という私立の認営こども園での違反行為でした:

・定員46名に対して22名も多くの園児を受け入れていたこと
・22名の定員オーバーがばれないように自治体の監査日には園児を休ませていたこと
・食事は40人分しか作らずに、少ない子にはスプーン一杯のおかずだけ、魚は一人前の6分一ほどしか与えられていなかったこと
・食事の残りは冷蔵冷凍して次の食事に解凍して食べさせていたこと
・暖房も父兄のいる時間帯しかつけずにいたこと
・保育士の数も定員未満であったこと などのまるで虐待園のようの実態がニュースになっていました。


森友学園の問題の発覚も塚本幼稚園での虐待疑惑から出たもの。森友学園の実態があからさまになるにつれて学園の理事長たる籠池氏の虚言癖には皆驚かされた。

この“わんずまざー保育園”の園長/理事長も詐欺師に近いか虚言症でしょう。

日本では虚言癖は刑事罰にあたらない(独裁国や韓国では国家反逆罪にあたる)が、保育園/幼稚園/小学校などに携わる責任者には、その方の性格や人となりを検証する(書類審査のほかに面接などの)ステージ、嘘つき発見ステージが必要だということでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池さん、都議会議員の皆さ... | トップ | 沖縄では何が起きているので... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL