さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

個人の勝手でしょうが…

2016-10-31 10:37:06 | ダイアリー

先日ポッカサッポロのミネラルウォーターに発がん性物質が入っていたとの報道があって 驚いた。作っていた製造委託会社にミスがあった との説明にも驚いた。

日本は多湿気候で欧米ほど喉は乾かないし、水道水も飲めるので、ミネラルウォーターが出始めても、ミネラルや硬水に関心のある方しか買わなかったが、最近は、熱中症対策に、軽い運動にも水分の補給は不可欠と喧伝され、また、2ℓで80~90円と安くなったことで、家庭では朝と就寝前とお風呂前に一杯と、2ℓボトルを、外出には0.5ℓのペットボトルを、普通に、携行するようになりました。

こんなに身近になったのに、発がん性とはひどい話です。

子会社や製造委託先の管理は大体が役員直下の組織にある。風通しをよくして、会社の生命線であるブランドを、製造委託先、下請け、子会社らの事故や不祥事から防ぐ必要があるからでしょう。逆に言えば、製造委託会社のミスといえども、事故はポッカサッポロのマネージメントのなせる業ともいえるでしょう。

口に入れるものは、先ずは、特に、安心安全が第一となったのは、水俣病からではないでしょうか。そして、中国製の毒入り冷凍餃子や 成長ホルモン入りのウナギや 野菜も薬漬けも連続で、韓国からのキムチには、口には言えないものが入っているとの地方ニュースを経て、食品・飲料は、国内産や親日国からのものへ、一部は地産品・自然栽培ものへ、そして、ブランド・栽培者指向ものへとの傾向も強くなってきたのです。

5日ほど前、コカ・コーラとキリンが物流と原材料の協調を目的とした資本業務提携のニュースがありました。ミネラルウォーターを含めたソフトドリンク業界のコスト競争への対応だったということのよう。

この厳しい市場環境でポッカサッポロはどうやって、今最重要とされる、ブランドを守ることが出来るのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ま坂ま坂がつみ重なると・・・ | トップ | 今後の展開は? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイアリー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL