さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

親父と、その後ということでしょうか?

2016-10-15 06:04:52 | 抜き書き

<父は、昔からずっとぼくの反面教師だった。子供のころのぼくの反抗心は、父に対してだけ発揮された。父が無口だったので、ぼくはいやというほど口数が多くなった。
父が文句をいわなかったので、いきおいぼくは文句屋になった。父が髪をクールカットにしていたから、ぼくは、ハイスクール時代はいつも肩の下まであるような長髪をなびかせていた。
父が肉体労働者だったから、ぼくは弁護士になった。父が貧乏だから、ぼくは金持ちになるつもりだった。といっても、父の思うようなやり方はしたくない。
父は「金を受けとれ」といった。その短い言葉で、道路標識のごとく明確に、ぼくの行くべき道を示したのだ。・・・・・父とはちがうやり方で。自分の人生を父のように生きてたまるか。>
ウィリアム・ラシュナー「敵意ある証人」下P184より

<しかし、ぼくは物心ついてからずっと、自分が望んだものがあたえられたためしがないという事実に反撥し続けてきた。金持ちの父親を持つことはできなかったし、
法律事務所は雇ってくれなかったし、世間をあっといわせるような訴訟がころげこんでくることも一度だってなかった。ぼくは、あまりにも長いあいだ、
だれかに自分の取り分をあたえてもらえるのを待ち続けた。待つのは、もうたくさんだ。ジミー・ムーアはこういった。アメリカは、何かをあたえてくれる国ではなくて、
何かをつかみとる国だ、と。だから、ぼくもいま、なにかをなにかをつかみとろうというのだ。>
同じく「敵意ある証人」下巻のP185より

読み切り小説と思って読んでいた「敵意ある証人」だったが、ここにきて、親父を意識して生きてきたのか?何かを待ち続けた人生だったのか?それとも能動的に選択してきた
人生だったのか?のを考えさせられてしまった。

確かに自分も親父を意識して育ったが、「敵意ある証人」の主人公のように親父を下の存在としてではなく、目指す上の対象としてだった。
親父を意識する場合、比較は、学力・職位・年収とかの外見面と心情や考え方とかの内面とに分けるだろうから、比較結果は、親父は上&上だったか?
考え方は気に食わなかったので上&下だったとか、子供の時より今の生活は楽なので下&上だとか、「敵意ある証人」の主人公の父親ように下&下の存在だった
(主人公の父親は曲がったことが大っ嫌いな人物だったので心の奥底ベースでは下&上ですが…そして実生活でも親父を心の支えにしている方は多いと思う…)、
の四つの存在のどれだったかだったか?でしょう。

親父はすべてに誠実だったように記憶しているので、自分の場合は、親父は上&上だったのかな…

自分は、何かをつかみとる気概で、攻めの姿勢で生きてきたのだろうか?ほとんどの方は、自分も含めてyesでもnoでもあった?

積極的に自ら行動を起こさないと必ず取り残されるのが欧米、特に米国社会ですが、これは、十代半ばで将来の方向を決める教育システムや
転職・生涯教育を支援する恒常的な社会システムが効いているからでしょう。
日本には、職場の年功序列や長幼の序の根強さがある一方学力次第ではヒエラルキーを昇りつめられる可能性があるので、現在はyes&no?
ただ、実力評価時代の到来で、だんだん欧米的に、人生は自らつかみとる国へ変わりつつあるのは確かでしょう。

昔軍隊を定年除隊してから、少年らと部品庫の作業員になり、70を過ぎてから部品課長に昇格し、再婚した米国男性を思い出す。
何でも遅すぎることはない、併せて、日本にも敷衍してくるでしょうね…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔とは違うのです… | トップ | タイ王国の安定は… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL