さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

トランプさんには140文字以上に語ってほしいもの…

2017-03-19 12:12:17 | ダイアリー

昨日まで独のバーデンバーデンで行われていた20ヵ国財務相/中央銀行総裁会議の共同声明に、米への配慮で、従来入っていた保護主義に対抗するという文言が削られた、と大きく伝えらたが、会議後の米国財務長官ムニューシン氏は、自由で公正でバランスの取れた貿易を目指したい といっていたという。

バランスの取れた貿易とは、輸出と輸入額とが均衡状態にあることをさすことで、米国が保護主義を目指すこととはちょっと違うのでは?

保護主義と均衡貿易との関係は、
これでいいのかなー


自由貿易とは、簡単に言うとお互いに欲しいものを取引するということ。欲しいものが多い国は貿易赤字となり、欲しいものが少ない国は貿易黒字になるということ。従って、貿易不均衡の解消とは、均衡貿易とは、欲しいものを買わずに我慢するということと、欲しくないものを買わなくてはいけないということでしょう。

現在、世界の国々では同じようなもの(自動車、農産物etc)をダブって作っているケースがほとんどです。ということは相手国からのものが欲しいということは、輸入ものの方が安かったり(自国ものは高いということだったり)、品質が良かったり(自国もの質が悪かったり)、より使用目的にかなってたり するものということでしょう。国民の意思は自由貿易思考ということでしょう。

ただ、将来、国を豊かにする(GDP↑)ため/雇用を生み出す(所得↑)ため、政府が国民に欲しいものを我慢してくれというときがある。今、他国から入ってきているものを、自国で(安価で高品質物を)将来賄えるようにそしてあわよくば輸出もできるよう地場産業が育つまでの間、輸入差し止めたり、高率な関税をかけたり、外国企業/工場誘致をしたり、国が高額な援助金を与えたりする、一時的な保護主義策をとることがある。まあ当然でしょう。日本も昔は取りました…

貿易の不均衡を糺すということは、国民の欲求を、一時的に抑えてもらって、国の政策を推し進めるということで、言い換えるなら、国内産業の保護育成のためということなのです。ムニューシン米財務長官は保護主義をとることを遠回しに、自由で公正でばらんすの取れた貿易 と述べていたのです。


まあ保護主義も、輸入品が国内産業にダメージを与えるときは、意味ある政策ですが、アメリカファーストだけでは、しかも世界一の市場を抱える国が保護主義を採るとは、世界経済に悪い影響を与えるだけで、いただけませんし、米一般消費者は満足するのでしょうか?

また、米の貿易不均衡問題は、単に金額の不均衡解消だけではないような気もします(例えば日本が米の貿易赤字分を米の石油輸出で賄ってもダメとか)。米国の売りたいものを買え、米工場の再生のために邪魔になるものは売ってくるな 的になるような気がします。そうでしたら独裁です。


米国による独裁がこの先々に起きうるということなら、不安は経済だけでは済まなくなるということでしょう。

トランプさんには、独裁は致しません と語ってほしいものです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社会の中の自然という意味かなー | トップ | 小池さん、都議会議員の皆さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL