さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

3.8億円強奪事件考~

2017-04-21 11:48:16 | ダイアリー
昨日の福岡の銀行駐車場での3.8億円強奪事件で思うには、
1968年12月の府中現金輸送車襲撃の3億円と比べて、随分円が軽く、安くなったなぁと感じられたこと…

現在の円の価値は1968・69年当時と比べて3.4倍ほど下がっていますので、
昨日の被害額は、1968年12月当時にすると、1億円ほどですが、
会社員一人で運んでいたというお金という価値を考えると、1億円よりもっとずっと軽いような感じです。

一方、為替レートでみる円は40年ほど前からすると、強く重くなりました。
1ドルが360円から109円になったということは、円は3.3倍ほど強くなったので、
円の価値は、1968円当時より、ドル換算で11倍になったということでしょう。


現在の途上国で、無資源で、その国の通貨が、40年後に10倍以上になりそうな国を思いつきますか?ないでしょうね。
幾分、円が過分に評価されてはいますが、日本人の労働力が大きかったのです。

トランプ大統領、世界一の国が、更なる円高を望むとすれば、
時間とともに、円はますます価値を上げていくので、手持ちの円を増やせば、
円高の分、外国通貨を換算でですが、資産は、何もしなくとも、増えるということでしょう。

日本は労働力不足を心配しなくても、無理に移民を増やさなくても、
円高とともに、外国人は円を稼ぎに日本にやってくるでしょう。

ただし、昨日のように外国の窃盗や強奪犯も増えるでしょうが…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だんだん恐ろしくなってきま... | トップ | ユーモアとは くよくよしない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL