さんぽ道から

散歩中の雑感・モノローグを書いてみました

気分転換

2017-06-21 08:24:38 | Weblog



紫陽花が手すりに頭を寄せて、ほてりを冷やしているようです。

頭を冷やすというか、気分転換は必要ですよね。

どんなことをしてきたのだろう・・・

キャッチボール、
TV を見る、
勉強と関係ない本を読む、
本屋に行って立ち読みをする、
多摩川を走る、
テニスをする、
映画を見に行く 三本立てを…
絵を描く、
学食で駄弁る。

社会人になってからは、
飲みに行く、
ドライブをする、
デートをする、
ずる休みをする、
パチンコをする。

結婚してからは、
飲みに行く、
散髪に行く、
外食ぐらいかなー

退職してからは、
特になし?

外出時に、ミントをなめたり、自販機でボトルを買い、首筋に当てたりすることはありますが、だんだん少なくなってきたということは、あついものがなくなってきたということでしょう。

年取らないように、なにか見つけなくてはなりません・・・


コメント

上司像~

2017-04-04 09:00:35 | Weblog

<会議室にはおなじみの顔ぶれが並んだ。モーリン・マクギネス国家情報長官は、甘ったるい話し方とは裏腹に極めて冷酷で、根に持つタイプだ。テンプことCIAのテンプルトン・トラフォード情報部長は卑劣で、ヘビよりも狡猾。屈強でがっしりした体格のジミー・メイトランドFBI副長官は自分の考えを述べたらあとは黙っているが、なんといってもFBIのことしか頭にない。>キャサリン・コールター&J.T.エリソン水川玲訳「迷走」P205より


会社では、各部門からの責任者が出席する 全体会議は結構あるものだ。
そして各部門からの出席者は、普段一緒に仕事をする機会が少ない関係でしょう、お互いに、その性格や話し方が気にかかる。
会議でなくても、普段あまり話さない、上司やその上の方々の性格も、折に触れて、語られる。

組織で上にのし上がるタイプの人間は、
大体が、

冷酷(ノルマを重視し過ぎるタイプ)、
しつこい(議論相手を許さない、部下の失敗に厳しいタイプ)、
卑劣(責任転嫁が上手なタイプ)、
狡猾(ゴマすりタイプ)、
狭量(危うきに近づかない、減点主義で成績を上げてきたタイプ)の

どれかにあてはまるのでは・・・


競争に勝つ者の持つ負の面でしょうか・・・

しかし、
それ以上に上がる者には
負の面をカバーする、
それらを許せる、有り余る人間味みがあるようです・・・
コメント

リースっていいものですね…

2016-10-12 06:15:34 | Weblog

住宅街を散歩するとある玄関ドアにハロウィンのリースが下がっていました。かぼちゃの櫛飾りのオレンジがよく目立っていて、季節感、冬を告げるイベント感もいきで、いいなと感じました。

リースは、欧米特にアメリカ流に玄関先にかぼちゃのランタンを置くより、安全でNoスペースですしね。

最近は土地の有効利用というのでしょう、玄関ドアが通りからよく見える住居が増えました。そして、クリスマスリースから始まってお正月リースを飾るお宅が増え、今では一年中リースを飾っているお宅がありますね。

不精で付けっぱなしかと思いきや、リースには、西欧では、不滅とか永遠の意味が含まれていて、帰ってきてね/お帰りなさい/歓迎や感謝などの思いが込められるもので、趣意のあることだと最近知りました。

知らなかった。

祝祭日に国旗を掲げるお宅は稀になりました。四五十分運散歩して一軒あるかないかでしょう。世代間感覚の違いからでしょうか。日章旗がいつの間にか全体主義や軍国主義にすり替わってしまったせいでしょうか。日本人は、民族としての誇りを持つことは罪と、周辺国が喧伝しているせいもあるでしょう。もう少し、日頃から、小生も含めて、個の権利意識が先行するこの民主社会に、社会を意識させるバランス感として、一社会を象徴する国旗を意識してもいいような気がします。

祝日にはリースに、国旗の櫛飾りもいいのかも
コメント

プロ野球ファンであり続けたい…

2016-03-20 10:22:37 | Weblog


プロ野球選手による賭博が問題となっている。

問題になっているのは、

◦円陣内でのエール元締め「声出し」行為: 公式の試合前に円陣を組んだ時に エールを発声した選手と他の選手との間で当試合の勝ち負けを賭ける行為という。 12球団中 7球団が当行為による現金のやり取りがあったことを認めている という。

◦ノック練習時のペナルティー支払い行為: 数人纏まってポジション別にノック練習を受けるときに、練習仲間でエラー毎に金銭の清算をする、エラー毎の掛け金は、ex.ヘビ千と言った場合、エラー毎に千円をみんなに払うというペナルティー行為らしい。 巨人や阪神で行われていた という。


法的には、
◦声出し行為は一人が総取りするので賭博罪には当たらないし、

◦ヘビ千行為は、実際には仲間の飲食代となっていたので、一時の娯楽に供する物を賭けたものと 解釈できて、賭博罪の例外扱いでとなり 問題とされているゆですが、これでいいのだろうか?


子どものときから ラジオで親父と一緒に身を寄せ合って プロ野球中継を聞いていて、中高では野球をやって、社会人では少年野球をみていたこともある野球ファンですが、声出しやヘビ千などは初めて聞きました。 試合に勝った時はジュースを配ったり貰ったり、練習でまずった時はうさぎ跳びや 余分なランニングがあったりしたものだったが、プロとは、すべてがお金に換算されるんだ、お金持ちなんだ、とびっくりした。多くの野球ファンもびっくりしたに違いない。

そして、野球少年の夢は 今も昔も プロ野球選手になることですので、また、世の中 お金がすべてではないとの戒めから、問題行為は 賭博には当たらないとしても 即刻止めてほしいものです。

コメント

下がり過ぎるのもいかがなものか…

2015-12-09 07:06:56 | Weblog

原油価格が下がっている。一昨日、来年は、1バレル(159リットル)30~50ドルとTVでアナリストが語っていた。今の40ドルを切ったほどの価格が、来年は30ドル近辺まで落ちるという予想だ。

理由は、

・先日行われた OPEC 総会で減産が採択されなかったこと
・ロシアをはじめとする非 OPEC 諸国が外貨獲得のため増産を図っていること
・イランへの経済制裁が解かれ、来年半ばからイランの原油輸出が再開されること
・米国のシェールガスも採算性の低下から減産はあるものの引き続き生産されること
・中国経済の減速をはじめとする世界的な需要が低迷すること  などが挙げられている。

影響?

原油の輸出に頼る国家は、原油価格の下落 → 収益悪化 → 財政赤字 → 通貨の下落 → 経済危機へ進んでゆく。
原油関連企業も採算を悪化させ、少なくとも株価は大きく下落する。

通貨危機や原油関連大手企業の株価下落は、世界的なマネーを より安全な投資先へと切り替え、新興国への投資は引き上げられて、先進国の国債(米国債)へと向かってゆく。が、米国も 新興国の経済悪化の影響を受けて景気に陰りが出て 不景気へ向かうことになる。 原油マネーが世界経済を支えていたが、原油安で 世界経済は不況に入ってゆく。

日本では、

石油関連商品・電気代・輸送費は下がり、卸売物価は下がるだろう。 輸入コストの低下で 経常収支は改善し、円高基調でデフレは再開し、金利は下がり、総じて 国内需要は盛り上がるが、外需は先細る。 原油価格の下落は 経済を内需型へと切り替える。

原油をほぼすべて輸入に頼っている日本では原油は安いに越したことはないのだが、経済の変動を伴うもので、見えにくかった色々な弊害もあるというものだ。 原油価格は30~50ドルのレンジで行ったり来たりが良いようだ。
コメント

本格的なウィンドーショッピングの時代ですかねー

2015-12-02 05:45:59 | Weblog

最近は都心に買い物へ出ることがほとんどなくなった。

近くに 専門店が増え、家電量販店もできたこともあるが、ネットで買うことが多くなったからです。

ネットのメリットは、

・買い物に行く時間がかからない
・持ち運びにくいものが楽に手に入る
・遠方の特産品が手軽に買える

・店内などで探し回る手間がない
・購入価格は大概に安い
・配送無料は特に魅力的

・商品の性能や価格の比較が容易である
・人気商品や商品評価などがよく分かる  などですが、

小生は、

価格と 特産品と 人気商品と 重いもの を重視してネット販売を使っている。 TV ショッピングもネットと変わらないが、過去の、質と価格の失敗体験で 懲りて、もう使っていない。

スマホやタブレットの普及でここ数年ネット、ネットショッピングは拡大し続けているようだ。アメリカでも今年の、年間最大の買い物日、感謝祭の翌日で大安売りの日、大勢のお客がお店に殺到するブラックフライデーに、異変ともいえる 店は静かだった と伝えていた。ブラックフライデーの次の月曜日、やはり年間の有数の安売り日、サイバーマンデーも サイト利用者が殺到した 一部のショッピングサイトはダウン と伝えていた。

ネット上の心配事は、

・商品の質と
・ショッピングサイトそのものの信憑性に

・クレジットカード情報が盗まれやしないか  ということでしょう。

対策?

・カードの引き落とし口座の残高はカツカツにしておくこと

・大手のショッピングサイトを使うこと(Kakakuと Amazonと Rakuten かなー)

・特産品は少額購入から進めるか 後払い(良品店ほど後払いを認める傾向)

因みに、

最近買ったものは、お節料理と安眠枕です。全て家に泊まりに来る方のものばかり…

コメント

ISより恐ろしいのは…

2015-11-25 07:17:20 | Weblog

昨夕のニュースでトルコ軍がロシアの爆撃機を撃墜したとの報道には驚いた。

見てみない振りをする風潮に、特に力の誇示にはひるみがちな風潮に、トルコが風穴を開けた と感じたからです。まあ、トルコ政府の見解の方が ロシア政府のものより信憑性があるとの見方には立っていますが…

トルコは、ロシア機はトルコ領空に侵入し、10 回もの警告にもかかわらず侵犯を続けたので 撃墜したと発表し、ロシアは、当機は シリア上空を飛行中に撃墜されたとしています。

トルコを信じる根拠は、

・一週間ほど前にもロシア機はトルコ領空を侵犯していた実績があることと、

・フランスがロシアのシリア空爆に協調体制を組んだことにより、IS 名目にすれば(欧米からも)、多少のこと?は許されるとの風潮がロシア政府にはみられるからです。

数日前 ロシア南部ナリチク近郊で、ISの協力部隊であったとして、11名を殺害したと、ロシアは、唐突に、発表した、こともロシア不信の一旦です。IS の名目なら何をしても許される ロシアではないのでしょうか?

また、トルコには、隣国シリアに住むトルコ系住民が 反アサド勢力に組しているとして、ロシアの無差別空爆に合っている事情もあることから、ロシアの爆撃機に敏感に反応する素地もあるようです。

トルコが加入する NATO軍は、ロシアとトルコは話し合いを持つべきと冷静に判断しているようで、また、ロシアもフランスの仲介で 米国軍との協調体制を組みだしたことから、ロシアは NATO軍とトルコとの 武力対決は避けるでしょうが、ロシアは、トルコ国内にテロ分子がいると、自国爆撃機撃墜報道とともに発表しているので、これは将来 ロシアによるトルコ侵攻の予告とも取れるもの。

何でもありのロシアに 今度も アメリカは傍観者的に事件をやり過ごすのでしょう。

日本は、ロシアにもっと注意を向けてもらうため、北方領土に基地を作らないためにも、トルコの味方だと、ガンガンいうべきでしょう。
コメント

さいごはエンディングライフ錠かなー

2015-11-24 06:53:33 | Weblog

二日ほど前に悲しい事件が、また、埼玉深谷市でありました。

介護熱心な娘さんが、新聞配達を続けられなくなった高齢の父親の頼みで、車で、認知症で要介護の母親を入れた三人で、利根川に 入水した事件でした。

こういう方々のために生活保護や 介護施設があるのに、国民は莫大な税金と借金を背負っているのに、この方たちをなぜ助けられなかった と悲しみは 怒りへと変わります…

つい先日まで TVドラマ「破裂」を見ていました。高齢化社会を迎えて、終末期に近づいた高齢者医療上の問題、延命的治療か 生活機能寿命か、を投げかけたドラマでした。

話の流れから、医療技術・命重視派が 財政健全化・全体主義に勝つのは見えていましたが、ドラマの締めくくりははどうなるのか興味をもって見ていました。最後は、高齢者の本人の意思が置き去りにされてはいないだろうか、との問題再提起で終わって、優等生的な答えで、肩透かしをくらいましたが、ストーリー全体は、いろいろな問題が提起されていて よいものでした。

埼玉深谷市の事件と ドラマ「破裂」のエンディングは 天と地ほどの差ですが、穏便な終末生活とは何かを投げかける 事件であり ドラマでした。

我々の終末は?

我々が欲しいのは、ED 錠やペプタイドではなく、最後のタブレット ending life 錠だったりして… 小生は佐久間和尚寄りかな? そんな後味もする事件でした…
コメント

自民でも民主支持者でもありませんが…

2015-11-13 08:45:56 | Weblog

前原、細野、江田各氏は 民主党代表の岡田氏に、民主解党と野党再編(維新との合流)を提案したという。

新党で 年末年始に確定し 政党助成金受給資格をとり、来夏の参院選準備を早々に始めたい がためでしょう。

前原氏と細野氏両氏は、
現在の民主党路線、旧社会党や社民党寄りの外交・安全保障姿勢、共産党との選挙協力、多様な対TPP・行財政改革・地方分権対応=党の政策の曖昧さ、への不満をも 併せて表明したのです。

2009年に 民主党政権が誕生したのは、自民党総裁=首相が余りにも頼りなかったことと、民主党のキーパーソンに情報発信力があったからでした。

失われた3年といわれている民主党政権時代に、自民は反省し、総裁選を、情報発信力ある政治家同士 安倍さんか 石破さんかを、選ぶものへと変えました。

一方民主は、集団的自衛権の是非を問う前段階で、岡田代表が目の治療で全力投球出来ずに、情報発信者を 何でも反対するグループへ渡してしまいました。

民主党の再生は、周辺国への外交姿勢、集団的自衛権に替わる防衛策、大きな政府はどれほどのものになるのか、地方の二重行政と分権化対応、TPPはどこが不満か、原発に変わる発電コスト対策 等に明確なスタンスを、発信することに かかるのでしょう。

岡田さん、今、解党うんぬんより、党を割っても構わないほどの明確な政治ビジョンの披露が必要なのではないでしょうか? 野田さん、前原さんらと 民主党のビジョンを整理整頓し 発信することに傾注してはどうでしょう…
コメント

歳ととも何事も大仰になるも実感しました…

2015-09-20 05:06:25 | Weblog

昨日は好天に誘われて 本当に久しぶりにプチサイクリングに出かけてみた。外出すると少しは賢くなるものだと思った…

・流れを取り戻した丸子川は岸辺が盛り上がっているようにみえた。 → 堤防の補強は大切だが 岸辺や川底もこまめにさらうなどの対策も合わせては?

・少しずつ皆さんリッチになっているのでしょうか、ドイツ車やレクサスが増えた と思った反面、イタ車やアメ車は見かけなかった。 → 人気のものを 選んで間違いがない傾向がある。初めてのお店では、先ず何が売れているか聞くのが無難?

・パジャマにどてらを羽織って黒いサングラスをかけて歩いているおじさんを、大回りしてをして、避けた。 → 身だしなみとは を得た。

・持って出たペットボトルをほとんど飲まずに持ち帰った。 → 歳と接収水量は反比例する。

・首が回しづらく後方確認がおっくうになった。 → 歳と安全確認は反比例する。

今回は五つ…
コメント