お萌えば遠くに来たもんだ!

今年は儀武ゆう子さん推しブログ!
感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

守護天使

2009-06-20 | 映画2008・2009
観てきました。
<渋谷HUMAXシネマズ>

監督:佐藤祐市
原作:上村佑 『守護天使』(宝島社刊)
脚本:橋本裕志

うだつの上がらないメタボ気味のサラリーマン、須賀啓一。鬼嫁から毎日500円のお小遣いをもらい、満員電車に揺られて出勤する毎日。混んでいる車内で老人に席を譲った女子高生が何故か気になった彼は、ある日、通勤途中に転んで大切な500円を落としてしまう。拾ってくれたのはなんとその女子高生、涼子だった。

原作読了の状態で鑑賞。
まあ、こんなモンかな、って印象。
この作品は、うだつの上がらない主人公を格好良く描こうとしても限界があると思うんですよ。
ましてカンニング竹山クンじゃあ中年のくたびれた悲哀感に乏しい上に、正直演技力にもさほど期待できない。斉藤暁サンか、温水洋一サンの存在感が欲しかったなあ。
その分、脇を固めるヒロインの女子高生と、鬼嫁をかなり魅力的に描くことで、相対的に主人公のダメさを浮き彫りにしなければならないのに、そこもお世辞にも上手く行っているとは言えず。折角 忽那汐里チャン、寺島しのぶサンと揃えているのに如何にも残念。

なにより、須賀家の家族構成を変えちゃったのは大きなマイナス。

【萌えポイント】
※雀荘のドアを蹴破って突入してくる勝子。
※大雨の中、肩を落として去っていく勝子。


70点。

公式サイト

守護天使 (宝島社文庫)
上村佑
宝島社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涼宮ハルヒの憂鬱 第12話? | トップ | 行ってきました。ハイボール... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
守護天使 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『大不況時代のヒーローは…、 アレ?こんなヤツら!?』  コチラの「守護天使」は、「キサラギ」の佐藤祐市監督の”最新作”にして”新境地”、6/20公開の“最弱”ヒーロー3人組が贈る、チョットの勇気と希望がもらえるエンターテインメント・ムービーなのですが、...
『守護天使』 (ラムの大通り)
----これってブロガーさんたちに大人気の 『キサラギ』を作った監督の新作だよね。 みんなの注目も高そう。 「そうだね。 『キサラギ』は異常なほどの人気を集めたからね。 ただ、あのときにも喋ったけど、 『キサラギ』はもともとお芝居。 まあ、この『守護天使』も原作...
守護天使 (LOVE Cinemas 調布)
監督は『キサラギ』の佐藤祐市。主演にカンニング竹山を迎えたちょっと異質なラブコメディ。いや、ちょっと異様なラブコメディといったほうが良いかもしれません。共演はまもなく『群青 愛が沈んだ海の色』が公開される佐々木蔵之介と與真司郎。彼ら3人を取り巻くおかし...
「守護天使」“ヒーロー”って…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[守護天使] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年6月11日21:55 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  吾輩が大好きな「シムソンズ」「キサラギ」の佐藤祐市 監督最新作!「守護天使」(エイベックス・エンタテインメント)。タイトルと内...
守護天使 (花ごよみ)
監督はキサラギの佐藤祐市。 原作の小説は第2回 「日本ラブストーリー大賞」受賞。 出演は カンニング竹山、 佐々木蔵之介、與真司郎、 寺島しのぶ、 佐野史郎、池内博之、 大杉漣、柄本佑等。 メタボのさえない中年サラリーマン、 啓一(カンニング竹山)。 そして寺...
『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会 (アートの片隅で)
ブログパーツならブログデコ!! 『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会に行って来ました。 ”ジャパンプレミア”とは言ったものの、登場したのはカンニング竹山だけ、、、 佐々木蔵之介は忙しくて無理だとしても、監督やその他の若手も来ないとは、、、あくまで...
守護天使 (Memoirs_of_dai)
この嫁に 勝るワクチン ないものか 【Story】 通勤途中の駅で一日の小遣い500円を落としたサラリーマンの須賀(竹山隆範)。拾ってくれた...