お萌えば遠くに来たもんだ!

今年は儀武ゆう子さん推しブログ!
感想<映画・TV・書籍・マンガ>については、鑑賞後のネタバレを含んでいます。

アリス・イン・ワンダーランド<3D字幕版>

2010-05-20 | 映画2010
観てきました。
<新宿ピカデリー>

監督:ティム・バートン
原作:ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』/『鏡の国のアリス』
脚本:リンダ・ウールヴァートン

子どもの頃から毎晩同じ不思議の国の夢を観ていたアリスは、19歳になったある日、ダンスパーティーで好きでもない相手から突然のプロポーズを受ける。困惑した彼女の目に、チョッキを着た白うさぎが映る。思わずうさぎを追いかけてその場を逃げ出すのだが・・・。

残念なことに、これまで観た3D方式の中で、メガネが一番重い&フレームが固くてイタい方式で観てしまいました。その上画面が暗い!画像がぶれやすい!!
楽しみにしてたのに、ちっとも集中できませんでした。
残念。

なので、箇条書き感想で・・・。

・子供のアリスが可愛かった。そのままやってくれれば・・・。
・折角の3Dなのに、最初の「穴に落ちるシーン」と「クスリでおっきく(ちっちゃく)なるシーン」であんまりその遠近感が効果的に描かれてなかった。そこで「掴んで」くれれば、もう少し「乗れた」かも・・・。
・赤の女王ってそんなに「悪い」ことしてないよね。むしろ「白の女王」の方が腹に一物ありそう。
・原語で韻を踏んでる台詞。もう少し上手く訳して欲しい。
・チェシャ猫はイメージ通り。一匹飼いたい。

【萌えポイント】
※赤の女王の前では、眼帯をちゃんと赤に変えてるハートのジャック。

75点。

謎解き「アリス物語」 (PHP新書)
沖田 知子,稲木 昭子
PHP研究所

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三代目明智小五郎~今日も明... | トップ | 大魔神カノン 第8話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アリス・イン・ワンダーランド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『アリス、戦う─ワンダーランドの運命を賭けて。』  コチラの「アリス・イン・ワンダーランド」は、ルイス・キャロルの「不思議な国のアリス」と「鏡の国のアリス」をベースに、その後のアリス(ミア・ワシコウスカ)の冒険を描いた4/17公開のアドベンチャー・ファン...
観ました、「アリス・イン・ワンダーランド」 (オヨメ千感ヤマト)
21世紀には「不思議の国のアリス」はこうなった。以下ネタバレあります。 不思議体
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....