江戸糸あやつり人形

江戸時代から伝わる日本独自の糸あやつり人形。その魅力を広めるためブログを通して活動などを報告します。

アメリカの後は

2017-05-15 00:03:45 | 日記
実家に帰っていた。
いつもは庭の雪囲いを解くのに合わせて
4月中旬から下旬にかけて帰っていたのだが、
今年は米国公演があって、この時期に。
実はこの時期に実家に帰るのは初めてで、花見を期待していたのだが、
レンタカーの社長さんの話だと、
”花見”と称して酒を飲むことはあっても
寒くて花見はしないとのこと。
確かに帰ったその日の最高気温は8度、
35度あったアリゾナから帰った身には、厳しかった。
子ども時代、桜を楽しんだ覚えが無く、
こんな枝ぶりだったかなと、
内地の桜との違いが新鮮だった。

アメリカはアリゾナもカルフォルニアも花が満開で、
桜や梅が咲いているのはもちろんのこと
夾竹桃やキバナコスモス、なんと朝顔なんかも咲いていて、
四季の花が一堂に会しているような感じだった。
今年の春は珍しく雨が多かったせいで、
花が咲き乱れているのだとか。
例年は余りにも少雨で、山火事に襲われているそうだ。

旭川はスイセンやチューリップ、ツツジやムスカリ、レンギョウなども
咲き乱れていた。
なんとアスパラが食べごろで、春の収穫祭に。
採りたてだから美味しいこと!

この時期に帰るのも良いものだと満足した。

ともかくバタバタが続いている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米国出発前 | トップ | アメリカ第1日目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。