江戸糸あやつり人形

江戸時代から伝わる日本独自の糸あやつり人形。その魅力を広めるためブログを通して活動などを報告します。

二人のメリーさん その2

2017-06-15 00:34:44 | 日記
メリー・ジョンソンさんは、私たちに部屋を貸してくれたばかりか
食事や私たちの足など、ともかくお世話になった。
もう一人のメリーさんとは大の親友。

メリー・ジョンソンさんは、馬を6頭も持っている。
旦那さんと一緒に飼っているのかと思ったら
「アメリカの男性は、バイクよ」



馬は、海と国境に近い共同飼育場にいた。
昼の公演が終わって夜の公演まで時間があったので、
そこの小屋で昼食を、との粋な計らい。
夜の公演が無かったら、乗馬ができたかもしれない。
夜の公演は着替えの場所が無く、
私たちは黒衣を着たままだったからだ。



以前相馬の野馬追に、関係者として行ったとき、
馬に餌を手のひらから食べさせ、顔を撫でたことがあったから
(後でその馬は噛み癖があると知り、ぞっとしたのだが)
そこにいたきれいな白馬を撫でたいと思った。
馬は初対面の私を一瞬警戒したが、
嬉しいことにすぐに撫でさせてくれた。
馬はとても優しい目をしている。



メリーさんの自慢の馬は、「ミカ」という。
漢字にできるかと聞かれ、
「美香」と書き、その意味を伝えたら、
生まれた時とても良いにおいがして、
頭の中でMIKAという音が響いたのだそうだ。
後で漢字とその意味を知り、感動したそうである。

彼女はいつもワークシャツとズボンといういでたちで、
西部の女性と言った感じ、
キャサリン・ヘプバーンの雰囲気だろうか。
素敵な女性だった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンディエゴ 日本庭園 | トップ | インディアン居留地 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。