江戸糸あやつり人形

江戸時代から伝わる日本独自の糸あやつり人形。その魅力を広めるためブログを通して活動などを報告します。

2020

2017-07-14 22:45:59 | 日記
「ライバルは、1964年」というCMがあった。
これに対して賛否両論があったそうだが、
植木等はじめ、皆のはじける笑顔がまぶしかった。

何故こんなに笑顔でいられたのだろう。

翻って今私たちは、こんな笑顔をする時があるだろうか。
下手をすれば、顔すらマスクで隠している。

もう一度自問してみる。
なんでこんなに素晴らしい笑顔が創れるのだ。

朝鮮戦争の後の、高度経済成長になった頃だから?
それだけではないだろう。
新しい憲法のもと、人々は解放され、
経済成長も重なって
新しい社会を作っていく気概に満ち溢れていたからではないか。
解き放たれているからこそ、笑顔がはじけるのだ。

今はどうだろう。
戦前の体制に戻そうとする勢力が強く、
様々なところで窮屈さを感じ、
電車に乗っていても、大道芸をしていても、
人々の顔は、硬い。

アメリカの経済学者が言った。
今改憲すると、
日本の経済はより悪くなる、と。

株価が上がったと言っても、海外の景気の影響によるだけで、
政策はすでに破たんしている。
その証拠に、黒田さんは、もう表に出なくなってしまった。

「ライバルは、1964年」
解き放してくれる政治家を、私たちの力で作り出していこう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多度神社 | トップ | 身を助く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。