20170625, gooブログはじめました!

中国での生活を写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

20170710,月曜、自分史を書いてみる。

2017-07-10 11:35:46 | 日記
自分史を書いてみる。

結論から始まりましょうかな、、、死後の私は多分天国に行く。もしかして天使にもなれるだろう。

天国に行ける理由:
多分今まで生きてきた私の人生は地球に優しく、他人に役に立っていることにある。
全体的に見れば、ある程度いい人間だ。
自分より賢い子を産んだことと子供をよく育っていることで人類の進化に貢献している。
家事をする時に環境に気を使うことで地球に優しい人間である。
以上などの理由で、天国に行けると判断を下した。

天使になれそうな理由:
多分努力し、勉強して得た知恵を大多数である民衆に貢献しようとしていることにある。
世に溢れた思想、現代生活は先祖に当たる人々が考え出したもので、享受していることと同時に貢献もすべきだと自分が考えている。
科学の方が苦手で、思想の方を選んだ。
一杯勉強して自分なりの観点を持ってコメントなどを発信し、他人の考えに踏み台みたいの役に立てれば、自分にとっての幸運だと常に世に感謝する、恩返しする気持ちが持っている。
そういうのを積み重ねて、もしかして天使になれると推測した。

去年の春に、うちのお父さんが亡くなった。その夜の出来事だった。

ひどく疲れて熟睡していた私が、鼻の辺りにとても大きな風が吹かれた。
風の強度はどんどん強くなって、息ができなくなった時、私の意識がはっきり覚めようとしている。
片目、常用の右目を開け、目の前に凄く素敵な海が見えた。

ピンク色の海水だった!‼💖💖💖

上には眩しい白い空で、下はとても高貴なピンク色の海水だった。

目を開けてから、風も止んだようで、落ち着いてこの海水をじっと見て、お父さんの姿、人間の姿など何もなく、ただ綺麗な濃いピンク色の海水だけだった。
とても高貴そうな色合いだった。皇室に使われそうな色合いだった。

その時に悟った: これはお父さんが私に出したメッセージだった。
私に死んでから、その色の海水を捜し、家族メンバーのところに行けるというメッセージだ。

その場で、この色を覚えた、決して忘れないと脳に命令を出して、、、
朝になって、この夜の出来事をしっかりと覚えてきた。。。

昨日、遺伝子に関するニュースを読んだ。遺伝子とともに他の何がも遺伝されてるとコメントを出した。



そのような濃いピンク色だが、ずっとキラキラしていた海水だった。💖💖💖

次の午後、南京西路静安寺辺りのstarbucksでコーヒーを飲みながら、
夜のこのことを微博で発信してから、もっと深く考えようしてみた。
もし次の人生を他のものにしたいなら、お父さんが見せた海水を探すのをやめて、
他の色の海水を探せばなれるかな、、、いきなり新しい集団に入って嫌われるのじゃないかななど
色々考えてみた。
次の人生を自力で変えようとするならどうすれば良いのかも一緒に考えてみた。笑。
凄く大事なことで、未だに真剣に迷っている。笑。

何故次の人生を変えようかについての理由もある。改善する余地があるからだ。
とても平凡、平穏の人生だが、もうちょっと深刻に生きていれば、素直になれたのに、、、

吾輩は何であるか?


再び、yahoo blogに上がれられて、とても嬉しかった。きっと誰が助けてくれたんだ。✨✨✨
中国国内にいると、時々上げれないみたいだ。その前の一か月はずっと上がれなかった。
中国国内の微博などを使って、ものを書いたが、知らんうちに文章が削除されたこともしばしば遭った。
アカント封鎖も一度遭遇した、笑、、、
最終選択として、日本yahooを選んで、自分の書いたものを貯蔵することにした。
gooにも副貯蔵庫として使う。
書けるうちに多めに書こう。♪───O(≧∇≦)O────♪

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20170710, 良い風良い日、ス... | トップ | 20170618、すっぽん料理を作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。