よちよち歩きのたわごと

よちよち歩きの素人が 勝手な事を書いています。

八重のカイドウと一重のカイドウ

2017-04-21 08:40:40 | 休憩室
2週間ほど前に、街中を 歩いていて 八重の「ハナカイドウ(花海棠)」を見付けました。
遠目には「桜」かと思ったのですが、近付いて 葉っぱを見ると「ハナカイドウ」でした。

 ・バラ科 リンゴ属
 ・学名は、Malus halliana
 ・別名は、スイシカイドウ(垂糸海棠)
 ・原産地は、中国




一重の方ですが、こちらは つい先日の朝のウォーキングで見付けました。

初めは 一重の「ハナカイドウ」かと思ったのですが、花の付き方が違う感じなので、
調べてみると
 ・「ハナカイドウ」は 下向きに花が咲くのに対し、
   「ミカイドウ(実海棠)」は 上向きに咲く
とあったことから、「ミカイドウ」の様に思います。

 ・バラ科 リンゴ属
 ・学名は、Malus micromalus
 ・別名は、ナガサキリンゴ(長崎林檎)
 ・原産地は、中国



ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 膨らんだ蕾から雌しべが!ハ... | トップ | 源平咲きのボケ(木瓜)の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む