江戸の粋 小物細工、指物師の技法を受継ぐ細工物の小粋な世界をご覧下さい。

江戸には沢山の職人が技を競っていました。その人達が技を磨くため、細工の極致を極めたのが小物細工です。

お赤飯の出来具合は?

2016年10月14日 | 日々の栞

栗を捨てて

15分ほど蒸かし直したお赤飯は

 

ふっくら出来上がってホッとしました

 

先日「道の駅」で買ってきた冬瓜はすごく固くて

切るのがとっても大変でした

 

ほとんど煮たことがないので

どのくらい皮を厚く剥けばよいのかわからなくて

クックパッドでも見て調べればよかった

 

栗おこわのつもりだったのが

ただのお赤飯になりましたけど

ちゃんと食べられてよかったです

 

冬瓜はちょっと えぐみ?が残っていて

残念でした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栗おこわを炊いたのに… | トップ | 紅葉の便りを聞くと… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。