江戸の粋 小物細工、指物師の技法を受継ぐ細工物の小粋な世界をご覧下さい。

江戸には沢山の職人が技を競っていました。その人達が技を磨くため、細工の極致を極めたのが小物細工です。

お気に入りの布でトートバック

2016年11月26日 | 工房

おはようございます

今日もお天気でよかったです

 

昨日は午後からパソコン教室があって

荻島地区センターはいつもお花がいっぱいです

 

昨日は暖かかったので ちょうちょも蜜を吸いに来て

 

今日は会場の都合で教室が午後になったので

欠席者が多かったですね

 

 気に入った布を買って

自分用のトートバックを作って 半分以上残っている布で

大き目のバックを作りました

 

つなぎ目もまずまず上手くいきました

 

中布はきれいなピンク色です

ある布を無駄なく使って

ちょっと大きめのバケツ型に作りました

 

サイズは縦27×横34㌢です

マチは10㎝で 持ち手は36㎝です

 

夕食は夫が お手伝いに行った従弟の家でいただいてきた

お稲荷さんに すいとんを作って

 

寒くなるとすいとんの出番が多くなります

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パソコン袋をもう一枚 | トップ | 作品 「屋台のお寿司屋さん」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。