江戸の粋 小物細工、指物師の技法を受継ぐ細工物の小粋な世界をご覧下さい。

江戸には沢山の職人が技を競っていました。その人達が技を磨くため、細工の極致を極めたのが小物細工です。

昨日もバタバタと

2017年02月22日 | 日々の栞

おはようございます このところの強風が収まって

今日は静かな朝です

 

昨日午前中はクッションカバーを作るために大きな生地を広げて

どうやって作ろうか 試行錯誤しているうちにお昼になって

 

Sちゃんは19日 (日)にコンサートがあったばかりなのに

今週はまた金曜日に群馬県の小学校でコンサートをして

26日(日)には 越谷市教育委員会主催の市民大学で

コンサートがありますので とっても大変そうです

      

それで昨日はお二階の分も夕食を作ってあげました

ロールキャベツ用にキャベツを丸ごと茹でて

お鍋に入れっぱなしにしていたら 柔らかくなりすぎちゃって

別のキャベツでやり直しして

 

小さいキャベツだったのでいっぱい出来て

 

お稲荷さんの揚げを煮て

 

お二階の分も作るときは  息子にはまったく気を遣わないけど

やはりSちゃんには気を遣ってしまうので 

品数も一品二品多くして  バタバタとして忙しい

 

鱈ちりの湯豆腐も作って…

「ご馳走になってばかりで スミマセ~~ン」て

喜んでくれて良かったで~す

 

午後からは 公民館でパン作りを習ってきます

今回の講座で習ったことを生かそうと

電動の泡立て器も買ってきたし ゴムへらやシフォンケーキの型から

ベーキングパウダーまで買ってあるので

忘れないうちに復習しましょ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大きな物作りは苦手で | トップ | パンづくり講座 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の栞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。