江戸の粋 小物細工、指物師の技法を受継ぐ細工物の小粋な世界をご覧下さい。

江戸には沢山の職人が技を競っていました。その人達が技を磨くため、細工の極致を極めたのが小物細工です。

ポーチとミニ巾着袋と

2017年05月19日 | 工房

こんにちは 今日は暑くなりました

 

      

今日の午前中はパソコン教室がありました

公民館を借りている関係で 3週間くらい間が空いて

いろいろなグラフの作り方のお勉強ですけど

 あまり興味がないので身が入らない

 

一昨日アリスの残り生地で 14㎝ファスナーのポーチを作って

 

足りない部分は つなぎ目がちょっと判ってしまったけど

 

 

お揃いです

 

反対側です

 

そして昨日最後の最後の残り切れで ミニ巾着を作って

ほぼ完全に使い切って無駄にしなかったので いい気分です

 

 

カードがちょうど入る大きさです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貴重な「ぐり茶」をいただいて | トップ | 今日は暑いって »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。