ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/02/23 スパイ大作戦「よみがえる記憶」(イメージをたぶらせろ)

2017-02-23 00:00:00 | 日記
スパイ大作戦「よみがえる記憶」(イメージをたぶらせろ)ナチを復活させようとする一味を阻止する事に。

フェルプス リーダー(ピーター・グレイブス)
ローラン 変装の達人(マーチン・ランドー)
シナモン お色気担当(バーバラ・ベイン)
ウィリー 力持ち(ピーター・ルーパス)

ヴォン・フランク大佐 新ナチの指導者(エリック・ブリーデン)
ケルマン 軍需産業のトップ(ピカリング大佐の人)

起:新ナチの大佐と軍需産業トップであるケルマンの繋がりを断つのが任務。
承:シナモンはケルマンに気に入られる。
転:大佐はシナモンを怪しむ。
結:大佐はシナモンを射殺するが、妻の死を思い出したケルマンが大佐を射殺する。

 ヨーロッパ随一の軍需産業を抱えるケルマンは、
新ナチの指導者ヴォン・フランク大佐を支持。
このままでは大佐は第二のヒトラーとなりかねず、
その繋がりを断てと言うのが今回の任務だ。
 シナモンはカメラマンとしてケルマンに接近。
何やら困っている様子のシナモンを、ケルマンは屋敷に泊める事に。
ケルマンを訪問した大佐は、シナモンの素性を怪しむ。
ケルマンは薬で眠らされ、その間にローランらがセットを設置。
意識が朦朧とするケルマンに、1932年だと錯覚させる。
続いてヒトラーに扮したローランが現れ、裏切り者として妻を射殺。
かけつけた大佐は、シナモンをスパイだと追及。
シナモンもそれを認めて、大佐に射殺されてしまう。
妻が殺された記憶と被ったケルマンは、大佐を射殺するのだった。

 と言う訳で、シーズン第11話。
またも現れたナチを復活させようとする一味を阻止する事に。
新たなる指導者の大佐が、シリーズ2回目のエリック・ブリーデン。
彼を支持する軍需産業のトップが、マイフェアレディのピカリング大佐の人。
このピカリング大佐が割にいい人だと言う所がミソで、
そうでなければ作戦は成立しなかった。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/02/22 CSI... | トップ | 2017/02/24 スパイ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。