ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/02/21 CSI:ニューヨーク5「マンハッタン・トライアングル」

2017-02-21 00:00:00 | 日記
CSI:ニューヨーク5「マンハッタン・トライアングル」銀行の輸送車がストップし、警備員が死亡。マイクロ波の影響らしく、エンパイアビルの都市伝説が浮上する。

カール 犠牲者。警備員
グレッグ 運転手
バーニー 元強盗犯

起:現金輸送車が襲われる。
承:不可解な状況に、エンパイアビルにまつわる都市伝説も浮上。
転:マイクロ波を利用した強盗と判明。
結:かつてその手口を使った犯人の、娘の仕業だった。

 携帯電話が繋がらなくなる騒ぎが発生。
そんな中、現金輸送車の金庫にいた警備員カールから火花が飛び散って死亡。
運転手グレッグは運転席から離れられない決まりだったと言う。
金庫のドアか開いていたが、有効な目撃情報は得られない。
そんな最中、マックが姿を消し、エンパイアビル周辺にある都市伝説が囁かれる。
 実はマックはFBIに呼び出されていた。
FBIによると、要人の秘密を保存したメモリが、
何者かに保管庫から持ち出されたと言う。やがて保管係クロスの死体が見つかる。
 カールは、体内のペースメーカーが破裂して死亡したと判明。
マイクロ波が発せられた様だ。
付近の信号機は機能せず、監視カメラも事件前後の録画が出来ていない。
エンパイアビルの塔に登り、電波を測定するが、問題はなさそうだ。
 犯人は、「悪魔のリング」と呼ばれる強力な磁石でドアを開けたと判明。
フラックは、かつて悪魔のリングを使った前科があるバーニーを疑う。
だが、彼は余命わずかで、泥棒からは足を洗ったと言う。
 犯人はカールのサインを入手し、別の銀行から金を持ち出したと判明。
目撃者が制服の一部を引きちぎっており、グレッグの制服と判明。
グレッグはクリーニングに出した制服が盗まれたと言い、
フラックは再びバーニーを疑う。
 現場に残されたステッカーからは、バーニーの娘ジェイミーのDNAが検出される。
バーニーは娘の居場所を知らないと言うが、携帯には通話記録があった。
実はバーニーの店の店員がジェイミーで、捜査が及んだと察知して逃がしたのだ。
ジェイミーは手配されるが、既にヘリで退散した後だった。
 ダニーはリンジーに求婚するが、断られてしまう。
色々な想いを抱えながら、2人はマックに妊娠を報告するのだった。

 と言う訳で、シーズン第10話。
銀行の輸送車がストップし、警備員が死亡。
マイクロ波の影響らしく、エンパイアビルの都市伝説が浮上する。
もちろん科学的説明がある訳。
一方で数話前の消えたメモリの件も再浮上するが、もっぱら関心はリンジーの妊娠に。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/02/20 CSI... | トップ | 2017/02/22 CSI... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。