ISIの上にも30x年

映画を見た時の感想を入れときます

2017/05/20 「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」

2017-05-20 00:00:00 | 日記
「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」

アリス・キングスレー かつて不思議の国を訪れた
ハッター タラント・ハイトップ(ジョニー・デップ)
ミラーナ 白の女王(アン・ハサウェイ)
イラスベス 赤の女王(ヘレナ・ボナム・カーター)
タイム 時を司る
ヘレン アリスの母
ヘイミッシュ アリスにふられた

起:元気をなくしたハッターを助ける為、アリスは彼の家族を探す事に。
承:過去へ遡るが、過去は変えられないと知る。
転:過去を壊して世界が固まりそうになる。
結:間一髪回復。ハッターの家族も助けられる。

 1875年。アリスは船長として嵐を乗り切るが、
求婚を断ったヘイミッシュによって船を奪われようとしていた。
 アリスは蝶の声を追って再び不思議の世界へ行き、仲間と再会する。
ハッターの様子がおかしく、アリスに会えば元に戻るかもと呼んだのだ。
ハッターは、死んだとされる家族が生きているかもと言い出す。
白の女王ミラーナは、タイムが持つクロノスフェアを使って時を遡れば、
家族を救えるかもと言う。
ただし、過去も未来も変えてはならないのだ。
 アリスはタイムの城へ乗り込み、協力を求めるが断られる。
恋仲である赤の女王が現れたスキに、アリスはクロノスフェアを拝借して退散。
時の荒波を超えて過去へ向かうが、
クロノスフェアがなければ時を司る大時計が破壊されると、タイムが追ってくる。
 過去に遡ったアリスはハッターと会うが、まだ彼らが知り合う前だった。
赤の女王イラスベスは、大頭をからかわれて怒った為、後継者に選ばれなかった。
その結果、イラスベスは最初に笑ったハッターを恨む様に。
父親に諫められたハッターは家を出てしまう。
 アリスはさらに過去へ遡る。
白の女王ミラーナはお菓子を食べてしまい、イラスベスのせいにする。
ショックを受けたイラスベスは飛び出して頭を打ち、頭が大きくなってしまう。
結局過去は変えられないと悟るアリス。
イラスベスは、復讐だとハッターの家族をさらったのだ。
 元の時代に戻ったアリスは話を信じると言い、ハッターは元気になる。
ハッターの家へ行くと、小さくされて額の中に入れられた家族を発見。
イラスベスはクロノスフェアを奪って過去を変えようとするが、
過去が破壊され、どんどん世界が固まってしまう。
アリスはクロノスフェアを戻そうとするが、世界の崩壊はタイムの城にも及ぶ。
ハッターやタイム、そしてアリスまでも固まってしまう。
間一髪クロノスフェアが元の場所に戻された為、世界は回復。
ミラーナはイラスベスに詫びるフリをして、彼女の角砂糖を奪う。
それをまぶすとハッターの家族は元のサイズに戻ったのだ。
アリスもまたタイムに詫びる。
時は泥棒かと思ったが、毎日与えてくれると悟ったのだ。
 元の世界へ戻ったアリスは、船を手放す事を決意。
だが母ヘレンは書類を破り、自由に生きろと言う。
こうして、アリスは母と共に新たな船で旅立つのだった。

 と言う訳で、ティム・バートンが監督したアリスインワンダーランドの続編。
前作は、大人になって不思議の国を忘れていたアリスが、
再びかの地を訪れて奮戦するという話だった。
本作は、それから数年後で、アリスは別に不思議の国を忘れてない訳。
ジョニー・デップ扮するハッターが落ち込み、
彼の家族の死の秘密を探るために、なぜかアリスが過去へさかのぼって奮戦する。
時間を行き来する描写はどこかで見た印象で
周囲のいろんなキャラはほぼ役に立たない烏合の衆。
前作の延長線上で、出し殻感は強い。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017/05/19 スパイ... | トップ | 2017/05/21 「エン... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。